[再構築] de 2011-02-25 :
アクセスカウンター

総 合 的 な 学 習 の 時 間 ( 概 要 )  2001年:基本情報を作成。


  計画される100時間は、
  学校や教師に与えられたものではなく、
  生徒の一人一人に、個々に与えられた時間だということを、
  教師や教育委員会は、忘れていませんか。


★ 新しく取り入れられた『総合的な学習の時間』のことを『総合学習』と読んでいますが、誤解をまねいています。
★ 自ら考え、生きる力を育てることが基本となっています。
★ 学校・家庭・地域が一体となって、子供たちの教育に関わりを持とうとするものです。
★ しかし、一般の国民はその概要さえも理解していないというのが実状です。
★ 教育現場である学校の教師も理解不十分なのか、具体的な施策に苦慮しています。
★ 例として、国際理解・交流、情報通信、環境や福祉などが記述されていますが、全てのことをテーマにすることが可能です。
★ この運用は、全て学校長の責任で行って良いことになっています。
★ 「国語」や「数学」のような【教科】として学習するのでは決してありません。
★ 到達点を設定した評価は行わず、学習態度や取り組み過程を重視します。
★ 児童・生徒の一人ひとりが、自分の意思でテーマを決め、取り組むのが本当のやり方です。
★ 物事を自分で解決する力の養成に重点を置くことにを目指しています。


この章の主な項目

  1. 『総合的な学習の時間』の位置付け
  2. 『総合的な学習の時間』の取り組み方(私案)
  3. 国際語利用と『総合的な学習の時間』
  4. 全国の実践例



2-1: 『総合的な学習の時間』の位置付け


 学習指導要領(総則編)では、次のことが望ましいと記述されています。
     講演「開かれた学校づくりと地域社会」(2001-11-17)のため、須惠町へ来られた寺脇研氏(当時は文部省)へ
     手渡した資料を紹介します。


 1.私の基礎知識

   (1) 新教育の審議会答申(一次)(二次)
   (2) 文部省発行学習指導要領解説・総則編 H10年12月 (小学校)(中学校)
       時事通信社発行高等学校学習指導要領 H11年3月告示 (高校)
   (3) NHK−TV「日本の宿題・学校」(ビテオあり 5−12回)
             「こんな学校に行きたい」(1−4回 + 教育の世紀)
             「真剣・10代しゃべり場」
   (4) 私が読んだ関係図書
      ・「教科書のない学校」 小松恒夫著 復刊
      ・「21世紀へ教育は変わる」 寺脇 研著
      ・「対論 教育をどう変えるか」 寺脇 研著
   (5) HPで総合学習への私の理解・意見を発表、「総合学習」を知ろう会を呼びかけ中(2001-11-21新聞掲載)

  2.確認しておきたい事項

   (1) 「総合的な学習の時間」における「総合」の意味(位置づけ)
      ・生涯学習の出発点(芽をのばす機会を与える)という位置づけ
      ・アメリカで実施されているチャータースクール(カリキュラム)の考え方と同じ視点
      ・多岐にわたる児童生徒のニーズ(関心事・学習心)
      ・理念(基本姿勢)は、学校側が決めたテーマ(環境・国際理解)を児童生徒に選ばせるのではない

  3.私の提案事項

   (1) 各学校空き教室(2室)の住民への開放
      ・目的  児童生徒とのコミュニケーションの場を日常的に設ける(現場重視=接点)
            作品の展示 体験指導 話し合い(雑談) など
            児童生徒との接触の場所を住民に与える。  運用管理などは住民に任せる
   (2) 21世紀の新教育をひろく国民にPR
      ・目的  現在の問題点への理解を積極的に促す。
            NHK−TV放送の「日本人の宿題・学校」(全12回)を全学校へ無料配付
            国民の希望する者には原価販売(テープ6巻と送料で5000円程度:ボランティア活動)
   (3) 経験学習から抜け出した体験学習
      ・目的  どんな行動にも、そのための何らかの理由がある。  受入れ側の認識と理解も必要
   (4) 各学校へ使用料無料電話回線を設置(例:100名当たり1回線、最低2回線)
      ・目的  IT革命への布石をすすめる。
            もっと自由にインターネットできる環境  旧型パソコンでも構内・室内LANは構築可能
            (企業が使用していた旧型パソコンは、次々に捨てられている)
   (5) 空き教室で寮施設
      ・目的  外国姉妹校などとの交換留学を促進する
            特にアジア地域の同世代の人々との接触は、広い視野を育成


戻る
 以上から私の理解では、「学校自体が考案したユニークなテーマと指導方針のもと、 生徒の自発的な取り組みを支援する姿勢で、学校長を責任者とし率先して展開して欲しい」というものが、『総合的な学習の時間学習』設定の根底に示された 考えだと受け取れます。


2-2: 『総合的な学習の時間』の取り組み方(私案)


 1999年から2000年にかけて、私が訪問した居住地周辺四町の中学高校あわせて14校で、 学校長や教頭に面会しお話を聞いた限りでは、具体的な取り組み展望を明確に持たれた学校は、残念ながらありませんでした。
 それでも先行実施した学校等では、地域の社会人の生涯学習の外国語学習に参加して体験学習したり、 地域在住の外国人を学校に呼んで話しを聞いたり、というものでした。
 校外講師として呼ぶ場合には、十分な謝礼金を出せないと、あきらめている学校もありました。
 元文部省から示された取り組み事項(例示)にそった活動を展開しようとしている学校が、2000年度には現れましたが、 どの学校においても「環境問題」とか「国際交流」とかに絞ったものばかりでした。
 このことは、『総合的な学習の時間』設定の基本理念を十分に理解されていないように私には感じられました。
 そこで私は、次のような取り組み姿勢を提案してきました。
 (1)正しい取り組み方

      〔規則〕 取り組みの内容・結果などは活動記録簿(仮称)に記録し担当教師へ提出する。
  第1段階
  
   〔生徒へのアンケート集約とその結果の公表以外、教師は意見を一切出さない〕

・「興味があること」「もっと知りたいこと」「やってみたいこと」「得意なこと」などについて全生徒からアンケートをとる。
・アンケートを基に、同じ趣味の生徒たちのグループを作る(例えば数人でも1グープとする)。
・学年別にせず全学年とおしたグループ作りをする。
・自分で確かな趣味や関心事を出せなかった生徒には、活動を始めたグループの見学を勧め、関心があるものを選択させる。
・それでも選べない生徒には、教師が個別面談のうえ、適当と思われるテーマを示し選ばせる。
・どうしてもテーマが決まらない生徒には、1年間かけて教師と一緒にテーマ探しをする。
・各グループの中で話し合い、リーダーを選び、何にどのように注目するのか、テーマを全員で決める。
・リーダーの選出は、単に人気選出ではなくて、リーダーがしなければならない役目などを教師が明確に示す。
・具体的にどんなことをしたらよいか、全員で意見を出し合う。

    教師が与えたテーマでは、生徒の自主性は育成されない。
    生徒自身が興味を抱いたテーマこそ、熱心に最後まで取り組める。
    テーマによっては生徒の中に、大人以上に知識のある者もたくさんいる。


  第2段階
  
   〔生徒からの相談があるか、生命に危険が及ぶと推測される行動以外には教師は意見を出さない〕

・行動計画に基づいて、誰がどのような事をするのか分担を皆で決め、注意点を洗い出す。
・テーマに関して詳しい情報が必要な場合でも、とりかかり方法は生徒たちが決める。
・地域や専門団体の支援が必要でも、その所在を探す方法の助言にとどめる(例えば電話帳で調べたら等)。
・直接相手への折衝は生徒に行わせる。
・取り組みで失敗した事など、反省点を皆で出し合い、次の対策を検討させる。

    この繰り返しが、自立学習につながる。
    教師も自分が得意な分野のグループ担当教師(後見人)になる。
    活動記録を基に担当教師が知らないことは、知っている教師の応援を受ける校内支援体制をつくる。


  第3段階
   〔適当な時期(最低各学期毎に1回)に、取り組みの発表会を一日授業を止めて開催する〕

・壇上での発表ではなく、教室を割り当てて使用させ、生徒は自由に巡回見学できる。
・他グループとの比較は、取り組みへの刺激になるが、決して競争に発展させてはいけない。
・三学期では、残った部分を急いで仕上げるのではなく、一年間の取り組みを振り返ってまとめる。
  (反省点や、印象深かった事や、ためになった事や、どうしても疑問が残った事など)
・生徒それぞれが思い出して発表し、皆で意見を出し合い、ひとつの結論を出すのではなく、グループ全員で考える。

    次回に別の何かに取り組むときに、どんなことに気をつければ良いか、自分の言葉で確認する。
    より間違いの少ない方法を取るには、どうすれば良いのか考える。
    生徒の一人一人が自分の能力と感性で知ることが、最も大切だということになる。


(2)取り組みに当たっての留意点
・テーマの決定や具体的な取り組みの発案は、生徒(生徒たち)自身がしなければならない。
・教師は「生徒の行動を見守る」ことに終始し、相談を受けても解決策を示してはいけない。
・生徒の生命危機に関すること以外は、誘導行為を一切しない。
・学校外の助言者が必要な場合でも、その所在を教えるのではなく、調べる方法を助言する。
・テーマが完結しない事が問題ではなく、取り組み方法を考え出せなかったことが問題である。
戻る
    失敗を多くしたグループほど、結果として自主性の育成に役立ったことになります。





2-3: 国際語利用と『総合的な学習の時間』


私は25年前に働きながら通信講座で国際語エスペラントを学びました。その後全く面識のない外国の人達と文通をした 結果、たくさんの絵ハガキを受け取り、いろいろな国の人々の考え方も知りました。
国名をあげれば、中国・韓国・パキスタン・ベトナム・イラン・イラク・イタリア・スペイン・ポルトガル・ オランダ・ベルギー・ハンガリー・ユーゴースラビアポーランド・西ドイツ・東ドイツ・チェコ・スロバキア・スイス・ フランス・イギリス・リトアニア・エストニア・ラトビア・ソビエト・アメリカ・カナダ・ブラジルなどです。
通信講座で独習し、海外文通や読書で勉強し、ほとんど会話をした経験のない私の使用するエスペラント語が本当に通用するのか確かめるため、 1997年に、ビザ取得や宿泊所の確保など全ての旅行計画を作成し実務を行って、一人でドイツの4都市と世界大会が開催されるチェコの首都プラハへ、 エスペラント語の仲間を訪ねて旅行した経験があります。

    この国際語エスペラントを活用して、次のような『総合的な学習の時間』のお手伝いができます。

(1)テーマの設定

   前述 2- 2(2)で取り組みの留意点を述べましたが、次のような助言や取り組みの手助けができます。
   (※ 生徒の自主性育成を支援するものなので、国際語への翻訳以外は直接手伝いません)
  環境問題
       ゴミ問題・交通渋滞問題・緑化促進・公害など外国の実態を知る
       (過去や現在の問題点、どのような方法で解決したかなど)
  国際問題
       戦争被害の実態・実害を知る
       (困窮の度合い・当事国の言い分・避難民の生活・災害地支援状況など)
  情報通信
       パソコンの利用実態を知る
       (学校での利用・公共施設での利用・電話掛け方の違いなど)
  個人趣味
       趣味の充実を図る
  
       (本・パンフレツト・絵ハガキ・切手の交換など)
  イベント
       開催地でのニュースなど
(2)エスペラント語学習の問題点

 ・ エスペラント語学習は  《ひとつの道具を身につけることに過ぎない》 ことなのです。
 ・ 言語学習を中心に置いた指導は行いません。
 ・ 英語学習との混同を指摘する方が多くいますが、ベルギーやオーストリアなどは自国語がなく
   各地方毎に近隣の国語を学んでいます。
 ・ 陸続きの外国人は数カ国語を生まれたときから身につけながら成長して行きます。
 ・ そのような環境に日本人は慣れていないだけで、言語学習能力が無いのではなく、年月が解決するでしょう。

   国際語エスペラント使用の利点は、 世界中の人々と容易に情報交換や交流ができることです。

(3)取り組み評価のための記録

 ・ 前に述べましたように、活動記録簿(仮称)を基に、生徒の相談に応じます。
 ・ 生徒個人の取り組み把握は、担当教師が行うことになります(顧問としての報告は可能です)。

(4)その他可能な支援

 ・ 国際語エスペラントを使って知り得た外国の生活や情報の紹介。
 ・ 来日エスペラント仲間を案内して学校訪問。
 ・ 学校文化祭での国際語エスペラント語に関する展示支援。
 ・ 海外姉妹校との交換留学や、お互いの国への交流旅行の仲介言語として簡単な会話指導。
 ・ 海外の同世代の人たちとの文通・交流指導。

(5) 国際語学習支援協力の申し出文書

   最後に、中学校へ発出しました国際語学習支援協力の申し出文書を紹介します。



2001年4月15日
エスペラント伝習所須恵

 中 学 校 長  各位                      
 (主管:英語担当教師)

英語授業での国際語(エスペラント語) 学習支援について(協力の申し出)

 2001年度の新学期が始まり、大変お忙しいことと推察申し上げます。  昨年12月に粕屋郡宇美中学校より、三年生の英語授業(NEW HORIZON 3 を使用) で現れました国際語とエスペラント語について、授業支援をして欲しいとの相談を受け、 校外講師としてお手伝いをいたしましたところ、生徒の皆さんには勿論のこと、 先生や学校長にも好評を得ることができました。  母国語以外の言葉を知り、世界中の人々と意見を交わすことは、 どの様な環境の人の立場もお互いに理解する、最も確実で身近な方法だと考えています。言葉が通じるという意味を、 生徒の皆さんに考えてもらう良いきっかけになるでしょう。

 そこで、同種教科書を使用されている中学校におかれましても、国際語とエスペラント語の詳しい理解を必要と されているのではないかと推察いたしまして同様な支援をさせていただきたく、2001年度の協力申し出を行っています。 英語教科書に記述されている箇所が最終単元ですので、各校の授業希望時期が重なることも予測されますので、 できれば早めにご相談ください。

 授業概要は下記のとおりですが、『総合的な学習の時間』として全校生徒に学習希望の場合も、各学校のご要望に応えいたします。

 なお、エスペラント伝習所須恵は、ボランティア団体として福岡県教育庁及び地域町役場教育委員会(須恵町・ 志免町・宇美町・篠栗町)等へ、国際語学習の協力の申し出を行っています。
1.対象中学校
      英語教科書『NEW HORIZON 3』を使用している中学校
2.授業時間
      原則として1クラスに1時限(50分)〔希望者に再度詳しい授業もいたします〕
3.実施時期
      当方から学校を訪問し、授業内容や日程を事前に打合せます。
4.授業内容
     ・国際語(エスペラント語)の誕生と歴史 ・国際語の条件
     ・エスペラント体験談・・・・読書(書籍紹介)・旅行(体験談)・文通(封筒回覧)
     ・アルファベットの発音練習 ・自分の名前をエスペラント文字で書く。
     ・簡単なエスペラント語の挨拶を覚える。
     ・エスペラント語と英語の比較・・・・単語・動詞活用・造語・文の構成
     ・短いエス語の歌・・・・『誕生日の歌』を皆で歌う。
5.準備資料
     ・当方で原紙を作成し教師へ渡します(生徒用2枚、教師用1枚)。
     ・生徒配付資料として、学校側で必要枚数をプリントしてください。
6.授業効果
     ・国際語の意義などについて正しく理解する。
     ・発表後110年以上も世界中で使用されているエスペラント語の響きを直接聞く。
     ・エスペラント語で挨拶し、歌をうたい、国際語を体験する。
7.昨年度実施校
     ・宇美中学校  (2000年12月18〜21日:全6クラス約220名)
     ・粕屋東中学校 (2001年2月 7〜8 日:全5クラス約180名)
     ・須恵東中学校 (2001年2月26日  :全3クラス約120名)
8.講師謝礼
      無料〔謝礼金を支給される場合は、エスペラント語関係の書籍を寄贈します。〕
9.問合せ先
  
      電話:092−932−5511
      名称:エスペラント伝習所須恵  代表 橋口成幸(はしぐち しげゆき)
      住所:(811−2114)福岡県粕屋郡須恵町上須恵684


(6)国際語授業後の生徒アンケート

    国際語授業後の生徒アンケート回答と一言感想の一部を紹介します。

     質 問 A:国際語について理解できましたか      (1:理解した 2:大体わかった 3:よくわからなかった)
         B:エス語は簡単だと思いますか        (1:非常に簡単だ 2:簡単だ 3:普通だ 4:難しい)
         C:エス語は面白そうだと思いますか      (1:面白そう 2:そうでもない)
         D:エス語をもっと知りたいですか       (1:学習してみたい 2:話を聞きたい 3:そうでもない)
         E:外国に興味がありますか           (1:非常にある 2:ある 3:ない 4:まだわからない)
         F:ひとりで外国に行ってみたいと思いますか  (1:思う 2:思わない 3:まだわからない)


 ABCDEF              感 想    ・    意    見

 111223  英語と比較してみてとても簡単だった。こんな国際語が 110年以上もあったと聞いて驚いた。
 221223  初めて聞いてとても面白い言語だと思った。機会があれば勉強したい。
 222242  名詞や目的語(・・・を)の見分けが付けやすく、思った以上に簡単だったと思う。
 341113  一時間(約40分)だけでよく理解できなかったので、もっと学習したいです。
 122242  ローマ字の発音と似ているので読みやすかった。
 211223  動詞の活用や不規則な変化が無いので、とても簡単だと思いました。
 221222  簡単だった。話を聞いていて面白いと思いました。
 121111  実際に話を聞き、とても貴重な言葉だと思いました。
         これから、色々な所で使われていけるように、今日習った言葉を大切にしたいと思います。
 331322  難しかったけど楽しく授業ができました。
 121223  単語は難しいけど発音などは思ったよりも簡単で、けっこう関心が持てました。
         このように簡単だったら国際語になっても使いやすいだろうと思いました。
 121113  初め何を話しているか分からなかったけど授業していくうちにだんだん言葉が分かってきました。
 221211  英語は苦手だけどエスペラント語の方が簡単でよかった。
         授業で初めて知ったけど、もっと世界にひろがればたくさんの人と話せそう。
 221122  単語などを覚えたら簡単そうだなと思いました。
 111213  初めて学習したけれど思ったよりも簡単で、すぐに身につけられそうです。
         エス語が国際語になって、もっと使われたらいいと思います。
 121213  今日は初めて英語と日本語以外の言語を勉強して楽しかったです。
         もっと話を聞きたいと思いました。
 231222  今まで聞いたこともなかったので、いろいろ知れて良かったです。楽しくできました。
 221111  初めてエスペラント語を聞いて、規則正しいから分かりやすいと思いました。もっと勉強したい。
 231222  初めてエス語を勉強してみて思ったよりも簡単だなあと思いました。
 111211  初めて聞いて、勉強して良かったです。
 222213  エスペラント語は覚えれば簡単だと思いました。
         そして国際語のことが大体分かったので良かったです。
 221121  自分が思っていたほど難しいものではなかった。
         意外に楽しいものだったので、今後機会があれば習ってみたいと思った。
 111111  意外に簡単なので少し勉強すればすぐに覚えられると思いました。
 121211  英語よりとても簡単だということが分かった。
         これなら英語よりエスペラント語を勉強したいと思う。
 221242  英語より簡単で分かりやすかったです。
         はやくエスペラント語が国際語になればいいなと思いました。
         そうすればエス語を勉強して、世界中の人と話せるようになれるからです。
 232242  エスペラント語を少し話せるようになったので良かったです。

    ・ エスペラント語は英語に比べて簡単だと感じた生徒は90%に達しました。
    ・ もっと話しを聞きたいと思った生徒は70%もいました。
    ・ エスペラント語を学習してみたいと思った生徒も50%以上いました。
戻る

    ・ 学校ではなぜ国際語を勉強しないのだろうか、という疑問を持った生徒もいました。
    ・ 1年生のときから国際語を習いたかったと、不満を語る生徒もいました。





2- 4:全国の実践例(情報収集中)
全国には、すでに幾つかの学校が『総合的な学習の時間』で実施しています。
 驚いたことには、既に20年ほど前に、『総合的な学習の時間』に相当する授業を実践した学校もあります。
 このことは『教科書をつくる小学校』という本で近年再出版されました。
 しかし、当時(20年前:『教科書のない小学校』)どの学校からも奇異の目でながめられていたそうです。
 『総合的な学習の時間』が取り上げられたいま、あらためて注目されています。
 教師は勿論のこと、国民の私たちが読まなければならない本のひとつだといえます。

 『総合的な学習の時間』等で国際交流や体験談紹介、クラブ活動や、正規科目として授業をしている全国例を紹介します。
 調査報告NO−1 : 学校教育の中のエスペラント語使用状態 【柏崎市清水隆男氏収集資料より許可を得て転載】
 【注】日本エスペラント学会と関西エスペラント連盟の調査で、1998年頃から2002年までの間に授業されたものが
    対象ですので、継続して今年度も行われていない学校もあります。(クラブ活動や同好会を含みます)

  学 校 名  /  授 業 内 容     2003-03 現在
東京都八王子市立第十小学校 / 今年度の「総合的な学習の時間」の授業
埼玉県三郷市立前野小学校 / 総合的学習の時間
東京豊島区立東小学校 / 総合的な学習の時間
静岡県掛川市立第二小学校 / クラブ
愛知県日進市立西小学校 / 必須クラブ
----------
大府市立大府北中学校 / 平成14年度後期 ドゥータイム講座report 国際語エスペラントを話してみよう
岩手県宮古市立亀岳中学校 / 教育実践 英語以外の言語としてエスペラント語を早くから始めています
青梅市立第一中学校 / 総合学習
徳島県徳島市立入田中学校 / 総合的な学習
埼玉県鳩山中学校 / 体験教室
愛知私立椙山女学園中学校 / サマーセミナーエスペラント講座土曜活用講座
岐阜無駄知中学 / 文化祭
福岡県宇美中学校 / 国際語授業 (英語教科の中の「国際語エスペラント紹介授業」)
福岡県須恵東中学校 / 国際語授業
福岡県粕屋東中学校 / 国際語授業
福岡県篠栗中学 / 国際語授業
福岡県古賀北中学校 / 国際語授業
福岡県志免中学校 / 国際語授業
福岡県春日東中学校 / 国際語授業
福岡県新宮中学校 / 国際語授業
宮崎県北郷町立北郷中学校 / 福祉体験学習"今なぜエスペラント"
兵庫県神戸市立八多中学校 / 選択社会
兵庫県神戸市立湊中学校 / 選択教科
----------
東京都立武蔵高等学校中学校 / 特別授業 高校生対象にエスペラント語も含まれています
広島私立安田女子中高等学校 / 社会科ザメンホフの生き方に学ぶ
----------
神奈川県立新羽高等学校 / 環境科学、英語語法理解、エスペラント語、生涯スポーツ等の学校設定科目を設置しています
廣島県立御調高等学校 / 総合的な学習の時間「まなびのとびら」
北海道札幌稲北高等学校 / エスペラント同好会
埼玉県立所沢高等学校 / エスペラント語 同好会
東京都立足立西高校 / クラブ
東京都立国際高校 / 外国語・外国語授業
神奈川県桐蔭学園高等学校 / 同好会
神奈川県立神奈川総合高校 / 同好会
神奈川県立住吉高等学校 / 国際語理解週間エスペラント講座
岡山県山陽女子高等学校 / 課外クラブ
鹿児島県立鹿児島東高等学校 / 必須クラブ
----------
埼玉県立深谷商業高校定時制 / 総合的学習の時間
神奈川県横浜翠嵐高校定時制 / 自由選択科目国際語エスペラント入門
----------
東邦大学医療短期大学 / 必修選択 外国語科目にエスペラント
岩手県立大学短期大学部 / 特別研究(国際共通語論)
奈良県樟蔭短期大学 / 内容不明
----------
桜美林大学 / 正規教科 共通言語研究
岩手大学 / 総合科目「コミュニケーションの現在」
明治大学 / 語学のゼミ
山口大学 / 集中講座アジア比較社会論
九州大学 / 言語文化科目II のエスペラント
神戸市外国語大学 / 研究語学として、履修できる科目にエスペラントも含まれています
名古屋大学言語文化部 / 履修することができる科目にエスペラント語も含まれています
東京外国語大学 / 研究言語科目国際語論(エスペラント)
大阪外国語大学 / 正規教科 エスペラント
神戸市外国語大学 / 正規教科 エスペラント語
----------
筑波大学付属盲学校 / クラブ
----------


   ☆「豊中エスペラント会」のホームページの中に設けられた項目「授業でのエスペラント語」で、実際に授業を行なった
     学校を紹介しています。


   上記学校以外で、同じような授業をされている学校は、情報をEメールで送ってください。
   上記学校で、新しい情報がありましたら、Eメールで近況をお知らせ下さい。



 【外国編】
   ・ブラジリアの外国語学校で英語、フランス語、スペイン語と並んでエスペラント語を正式授業科目として教えている。(2001-07情報)
   ・トーゴの首都ロメのSAVOIR大学では、全ての学生に、週1回エスペラント語を教えている。(2001-07情報)
   ・フランスの高校生がエスペラント語を五日間学んだ後に、ホームページにメッセージを残している。(2001-06情報)
   ・ソウルのエスペラント文化センターの講習生は、今年6月で1000人を超えた。第1回は1991-11。(2001-08情報)
戻る




 
2007-02-11:管理者 :
エスペラント伝習所須恵