私設エスペラント図書館 Privata Esperanto-Biblioteko

<九州地方で活動されたエスペランチストの
蔵書の寄贈を受け、希望者へ無料で貸し出す施策 >

〔全画面表示〕に拡大してご覧ください。

2012‐05‐20 現在の所蔵図書数
 999冊 (=40+164+136+113+77+60+(338+71))


最新更新日:2013-06-15







 11. 故山崎雄一氏  (佐 賀)の寄贈図書一覧
 12. 故榎山時次郎氏(北九州)の寄贈図書一覧
 13. 故大場 格氏  (北九州)の寄贈図書一覧
 14. 故白石茂生氏  (北九州)の寄贈図書一覧
 15. 故加藤輝雄氏  (北九州)の寄贈図書一覧
 16. 故梅津純孝氏  (福 岡)の寄贈図書一覧

 31. 鵜木敬憲氏   (佐 賀)の寄贈図書一覧
 32. 橋口成幸氏   (福 岡)の所有図書一覧
      〔登録準備中〕

 51. 故東 俊文氏  (栃 木)の寄贈図書一覧





  O. 貸出規定(図書の貸出規則)      

  1. 発送文書1(地方エスペランチストへの呼びかけ)   
  2. 発送文書2(故人エスペランチスト家族への手紙)   
  3. 発出情報1(エスペラント図書の受領状況)      

 91. 図書管理者 (EKS)



 図 書 貸 出 規 則 


    ---- 図書の貸出は、次の規則により行います。 ----

 ここに記述してていない事項は、その都度、利用者の意見をもとに、管理責任者が決定する。

01.貸出対象者は、とうぶんの間エスペランチストおよび図書寄贈者の家族とする。

02.各図書の後部に貼付した「図書貸出・返却票」に、必ず記入して返却する。

03.図書の「頁折り」や、図書への「書き込み」・「サインペン等の線引き」は絶対禁止である。

   「図書寄贈者本人の書き込み」などを、絶対に消さない。

04.紛失・損傷した場合は、管理者へ早急に連絡する。

   借用図書の紛失・損傷の弁償は、基本的に考えていない(特に罰則は設けない)。

   ただし、紛失者は、一定期間借用不可となる。

   破れた場合などは、自分で糊付け等せずに、「備考欄」にそのむねを記述し返却する。

05.貸出冊数は、同時に3冊以下とする。

   図書寄贈者番号と図書名を、メール又はFAXで事前に問い合わせできる。

06.貸出期間は、原則2ヵ月間、最高1ヵ月間とし、必ず一旦返却する。

   図書受領日の1ヵ月後(同日)が返却最終日となる。

07.図書館からの図書発送料は、少額の場合のみ図書館が負担する。

   (クロネコヤマトの宅急便「メール便」サービスが、2015年4月から無くなったので、郵便料金で

    送料を算出する。2015-04-01:現在))

   図書館での費用(封筒代・送料など)は、管理者負担および寄付金などをあてる。

08.借用者の図書返却送料は、借用者が全額負担する。

09.雨天時を考慮し、適当なビニール袋に返却図書を入れ密封し、封筒に入れて返却する。

10.図書館訪問希望者は、管理者へ必ず事前に連絡し、日程を打ち合わせる。


              2015-04-01 : 図書管理責任者 橋口成幸
  



          図書貸出・返却票の記入要領


借用期間は、一ヶ月間で、必ず返却してください。受領したときと同じ包装で返却してください。

番 号  氏    名       受 領 日     返 却 日    備考・メモ・申告など
(N-ro.)(Familia+Persona) (Ricevita Dato) (Redonita Dato)     (Noto)
   
 01  緑星 太郎       2011-11-15 2011-12-10 P65まで読了。易しい。

 02

 03

 04

 05

 
私設エスペラント図書館(九州) 責任者 橋口成幸 (エスペラント伝習所須恵) 

1.氏名欄は、必ず実名で記述する。

2.受領日欄は、自宅に図書が届いた年月日を記入する。

3.返却日欄は、発送した(又は、発送する予定の)年月日を記入する。

4.備考・メモ・申告欄は、自分の記録に使用できる。


戻る


 発 送 文 書 1 


私設エスペラント図書室を計画
(エスペラント図書を寄贈してください)



地方エスペラント会 様
                        2008年5月11日 エスペラント伝習所須恵 代表 橋口成幸

 2007年8月ついに第92回世界エスペラント大会が日本で開催されました。エスペラント第二世紀における日本
のエスペラント運動がより素晴らしいものになることを素直に信じたいと思います。そして、九州地方のエスペラント
運動がもっと活発になりますように、皆様とともに努力したいと思っています。
 しかしエスペラント界も高齢化し、日本においても著名なベテラーノが亡くなられているのも事実です。九州地方に
おいても、近年数人のベテラーノがお亡くなりになりました。皆さんが所有されていましたエスペラント関係の蔵書が、
どのように保管され、或いは処分されたのか、残念ながらその詳細を私は存じませんが、万一古書店に引き取られ
るとなれば、大変勿体なく、また残念に思います。
----------------------------
 五年程前の私の調査では、福岡エスペラント会会長の故伊藤徳之助氏から福岡県立図書館に寄贈されていたエ
スペラント関係の本は、二個のダンボールに入れたまま倉庫にて保管されていました。その理由は、利用者がほと
んどなく、通常の本棚には展示するスペースもなく、ダンボールで貰ったまま保管してをり、少々困ってもいるとのこ
とでした。
このような事実もありますので、どこかで一括保管できれば、将来利用の価値も多々あるのではないかと考えるに至
りました。

【ご存命中に、私へ寄贈のご約束をしていただければ、ありがたく存じます。】

 私は自宅の古家の六畳一部屋を整理して【私設エスペラント図書室】を準備しています。つきましては、ご所蔵の
エス本で、寄贈してよい本がありましたら、ぜひ私へお譲りください。申し訳けありませんが、各地方エスペラント会
の機関誌やチラシなどは、各地方エス会で保管されますようお願い致します。可能な限り、私が自家用車で受け取
りに参ります。受領しました本については受領図書一覧表を作成しお渡しします。 寄贈者から返還のご指示があれ
ば、受領図書一覧表より削除した後お返し致します。また寄贈者氏名のスタンプ印を作成し該当図書に押印します。

 運用は、次のことを基本にし寄贈者のご意見をお聞きしながら決めます。

(1) 私個人が責任管理します。 私の死亡後は、どなたか後継者へ書棚ごと全て引き継ぎますので、生前に後継者
を探します。
(2) 図書目録(受領図書一覧表)を作成し、インターネット上で、希望者が見れるようにします。
(3) 九州地方のエスペランチストへ、全ての図書を無料で貸し出します。 ただし送受料は借用者が全額負担します。
(4) 日本語記述図書や学習書などは、エスペランチスト以外にも貸し出します。
(5) 貸し出し期間は、通常1ヵ月間、最大3ヵ月間とします。
(6) 貸し出し図書冊数は、同時に5冊までとします。

 以上のような考えのもとに、皆様へお願い申し上げます。

 現在所有されている図書を、ご本人以外ご利用される予定がない場合、ぜひ私へお譲りください。また将来ご家
族の方も必要とされない場合は、ぜひ私へお譲りください。近年亡くなられました方々につきましては、ご家族の方
へ寄贈のお願いをしたいと考えています。 以前、私が佐賀県に住んでいましたころに、故山崎雄一氏と口頭では
ありますが【お互いが死亡したときは、全てのエス本を相手に譲る】という約束をしました。それをお互いに自分の
家族に話していましたので、山崎雄一氏が亡くなられた後、ご家族からご連絡をいただき自宅へお伺いしました。
エスペラント辞書と山崎雄一氏が翻訳に参加されました『仏教聖典』を、ご家族に残しまして、他の全ての図書
(チラシや月刊誌も含め)を譲り受けました。 

 皆様から寄贈されます図書の扱いは下記の通りとします。

  【辞書や学習書は、複数冊でも出来るだけ保管します。】
  【辞書や学習書以外で複数冊ある場合は、次の扱いをします。】
  (1) 九州大会で販売し、収益は九州エスペラント連盟に寄付することを原則とします。
  (2) 外国からの訪問者(エスペランチスト)へ贈呈することもあります。 
  (3) 旅行で外国のエスペランチストを訪問される方に、お土産として無料で譲渡します。

「私設エスペラント図書館」設置計画は、次により実行中です。

 1.部屋の改築工事(床補強・壁板張替・天井板張替)・・・2008年3月末終了。
 2.図書ラック3本購入・・・2008年4月下旬終了。
 3.山崎雄一氏寄贈図書整理・・・・・・2008年5月末終了予定。
 4.橋口成幸蔵書整理・・・・・・・・・・・・2008年7月末終了予定。
 5.新たな寄贈図書受付・整理・・・・・2008年9月以降実施予定。

 おわりに。

 「私設エスペラント図書室」は一般住宅の一部屋を改善したもので、公的な図書館のような保管ではありません。
従いまして、天災地変には対応できません。また、火気などに充分な注意を持って保管にあたりますが、特別な防
火設備などの対策もありません。このことをご承知の上、皆様から寄贈していただけることを心から期待しています。
また、ここに記述しました事項も、現時点で私個人が考えた案に過ぎませんので、後日いろいろなことを盛り込んだ
保管規定(仮称)を作成し公表します。運用及びその他について、ご意見をお聞かせください。
 なお、早ければ2008年末までに、Pasporta Servo に登録できるように、他の部屋も改善または整理する予定です。

               (おわり) 2008-05-11 記 (第82回九州エスペラント大会で参加者へ配布)

戻る



 発 送 文 書 2



私設エスペラント図書館開設について

---- エスペラント図書寄贈のお願い ----


 
        ご家族様
                           エスペラント伝習所須恵
                                      代 表 橋口成幸

 突然にお願いの手紙を差し上げましたことをお許しください。

 私は福岡県糟屋郡須恵町に住んでいます橋口成幸と申します。国際語エスペラントに出会ってから30年
 ほどになります。既に退職していますので、九州地方で活躍されましたエスペランチストが所蔵されてい
 ます図書の寄贈を受け、自宅の一室を利用し、エスペラント図書館を開設することにいたしました。
 
 故人となられました方々の蔵書の多くは、まだご家族のお手元で大切に保管されていることと思います。
 それらの書籍は長い眠りについたままで、有効利用される機会を待っているものと思います。

 このような蔵書を寄贈していただき、九州地方のエスペランチストに活用していただきたく、図書館開設
 を考えた次第です。開設趣旨の詳細は別紙資料〔地方エスペランチストへの呼びかけ〕をお読みください。

 以上のような事情をご報告致しまして、ぜひともお手元のエスペラント図書を、寄贈していただきたく、
 あつかましくもお願いの手紙を差し上げるとことに致しました。
 ご家族の皆様でご検討いただきまして、当方の趣旨にご賛同いただけましたら、できればご訪問致しまし
て書籍の整理をお手伝いしまして、譲り受けたいと考えています。
 
 下記までご一報ください。

 橋口成幸(67歳) --- エスペラント伝習所須恵 代表 ---
 (811-2114)福岡県粕屋郡須恵町上須恵684
 

--------

 2009年3月までに次の方々から寄贈を受けました(約350冊)。
 佐賀の故山崎雄一氏。北九州の故大場 格氏、故白石茂生氏、故加藤輝雄氏、故榎山時次郎氏。
 佐賀の鵜木敬憲氏(約200冊)。福岡の秋吉任子氏。

 2011年6月故東俊文氏(栃木県宇都宮市)のご家族が、このホームページをご覧になり、ご連絡を
 頂きまして、約70点の寄贈を受けました。

 他に私(橋口)の図書が約250冊ほどあります。
   
                                          2011-07-05 現在

戻る



 発 出 情 報 1 (メール) 



私設エスペラント図書館開設について ---- エスペラント図書寄贈のお願い ----

   各地方エスペラント会 様  『私設エスペラント図書館』開設についてお知らせし、エスペラント図書寄贈のお願いを致しておりますが、  現在までに受領しました報告を致します。  2009年2月 北九州エスペラント会より 約550冊 (榎山時次郎氏、大場 格氏、白石茂生氏、                              加藤輝雄氏)  2009年3月 佐賀エスペラント会より 約350冊 (鵜木敬憲氏)  北九州エス会分は、四氏分ですので、書籍の重複を50%考慮し、約300種類程度が有効だと推測します。  佐賀エス会分は、重複は10~15%程度だと推測しますが、薄い仮綴本も多数ありますので、70%が有効  だと考え、約250種類程度が有効だと推測します。  他に、小生(橋口成幸)の所蔵が約250冊ありますが、前記の人たちとの重複を50%と考え約120種類  程度が有効だと推測します。  上記により、現在670種類(300+250+120)程のエスペラント本が、集まったことになります。  【註】 所蔵すべき本を厳選し、目録を作成しなければ、詳細はわかりません。  他エスペラント会からの寄贈も受け付けます。ご連絡ください。  福岡エス会の故問田 直幹氏、故梅津純孝氏のご家族には、図書寄贈お願いの手紙を作成中ですので、近日中  に発送いたします。  以上、ご報告しました。                                  2009-03-19  橋口成幸

戻る


 図 書 管 理 者 

図書管理者のエスペラント活動略歴


 世界エスペラント協会終身会員、日本エスペラント学会会員、九州エスペラント連盟会員。
35歳で通信講座受講、現在エスペラント普及活動に専念(特に中高校生)、「総合的な学習の
時間」運用についてホームページで提案。「こどもとおとなの土曜日」主宰、「海外文通」指導者。
 1976年:エスペラント語学習開始。1986年:エスペラント誕生百周年の取組みで約130名の外
国人と絵葉書交換。1986年:北京での第71回世界大会参加。1988年:イタリアの仲間と物々交
換(50品)。1989年:唐津市の世界ヨット大会で船の絵葉書を外国から収集し大会会場や市役
所で展示。1991年:ドイツの友人の展覧会に九州陶磁器文化館から大判ポスター受領、有田
陶器小品を贈呈。佐賀県下の全高校図書室にエスペラント本贈呈(46冊)。1993年:ソウルで
の第78回世界大会参加。1996年:「エスペラント伝習所須恵」開設。プラハでの第81回世界大
会へ参加し、ドイツの四都市(フランクフルト、ミュンヘン、マイセン、ベルリン)のエスペラント仲
間を訪問(単独旅行)。上海での第1回アジア大会参加(単独旅行)。2001-02年:福岡県東部地
区中学校で国際語エスペラント紹介授業実施(延8校2300名)。2003年:世界の視覚障害者情
報交換を目的としたエス語版HP作成。2004年:エスペラント語普及小冊子『橋渡しの言葉エス
ペラント』を発行(累計10,000部)し一般の希望者へ無料贈呈。2006年:第92回日本エスペラント
大会に参加。2009年:第94回世界エスペラント大会(ポーランド)参加の機会に約2ヵ月間ヨーロ
ッパ中部(10ヵ国18名の顔を知らない友人を訪問宿泊:単独旅行)。2009:「私設エスペラント図
書館」解説準備開始。2010:水野光子氏の協力で「エス仏辞書」編集終了し、トーゴ国のザメン
ホフ学院へ引き渡し。2010:「ヨーロッパ単独旅行回顧録」報告(日本語)をブログで公開。原子
力発電所廃絶に関する前ドイツ政府公開情報のエス訳をドイツのエスペランチストへ要望し、
実現。2011:東日本大震災の原子力発電に関する報道情報収集開始。プロの囲碁棋譜紹介
ホームページ(エス版)作成。私設エスペラント図書館目録作成。「エスペラント民泊旅行回顧録
」のエス版HPを作成し、ブログ公開の日本語版と合成。「私設エスペラント図書館」目録終了。
小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』(複写版)のHPを作成し、音声案内を付加。リンガホン社
作成(1925年)のレコードから音声を抽出し(庄子時夫氏)、テキストの複写版を作成し(福本博
次氏)、HPに作成(橋口)。2012年:「原子力に反対する100の十分すぎる理由」(ドイツEWSの
日本語版)を複製し小冊子として発行。福岡市とボルドー市の姉妹都市30周年記念行事支援
(写真愛好者グループから写真の提供を受け、ボルドー市で写真展を開催後市民に写真贈呈)。

                               エスペラント伝習所須恵 代表 橋口成幸 
                             (811-2114) 福岡県粕屋郡須恵町上須恵684

Komento por esperantistoj : http://esperanto-hs.in.coocan.jp/

この画面の最初に戻る



最新更新日:2016-12-06
管理者:エスペラント伝習所須恵