エスペラント伝習所須恵 〔EKS-Projekto: Esperanto-Kultivejo Sue〕




 国際語(世界共通語)エスペラントをまだご存じでない一般の方々へ、国際語の意義を理解していただ くために、エスペラント語の存在を知らせる普及活動を行う団体(福岡県ボランティア団体に登録)です。

 中学校・高等学校への出前授業をいたします。会社や団体の研修講座を引き受けます。
 あなたの疑問にお答えし、21世紀の国際人へのご案内をいたします。


最新更新日: 2015-04-03


   2013-11-05 : (報告)第100回日本エスペラント大会
   2013-11-16 : (提案)エスドラ分科会を受けて

ここに流れる音楽は、ネット上で聴くことが出来ます。 http://www.youtube.com/watch?v=cfSh7oS_hj0

     曲名 : Ĉu vi volas danci ?    Muziko : JoMo

Ĉu vi volas danci en granda rondo, / Inter homoj de la tuta mondo / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
Ĉu vi volas danci sub luna lumo, / Amuziĝu laŭ ritma dramo / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?

Ĉu vi volas danci kaj preni manon / Ĉar dancado bonigas sanon / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
Ĉu vi volas danci tiel senĉese / Min brakumi ege karese / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?

Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?
-----
Ĉu vi volas danci en granda rondo, / Inter homoj de la tuta mondo / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
Ĉu vi volas danci sub luna lumo, / Amuziĝu laŭ ritma dramo / Knanjo, ĉu vi volas danci ?
-----
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, / ĉu vi volas danci?
Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, ĉu volas vi ? / Ĉu vi, ĉu vi, ĉu vi, /
Ĉu vi volas danci? / Ĉu vi volas danci? / Ĉu vi volas danci?


  • 国際語エスペラントに関するご質問にお答えします。
  • 学習を希望される方に、国際語エスペラントの概要をご説明致します。
  • 必要な資料がありましたら、出来るだけ無料で提供致します。


資料01 設 立(組織概要・設立・主活動)
資料02 活動記録(2001~2014年度)
資料03 講座内容(普及講座・一日講座・2時間講座)
資料04 講演内容(2時間講演)




日本語記述ホームページ紹介


 日本の教育 (学習指導要領検討)
 (提案) 21世紀の教育
 (検討と提案) 総合的な学習の時間
 (提案) エスペラント語による新教育
 (提案) エスドラ分科会を受けて
 (エス語紹介) 橋渡しの言葉エスペラント
【ブログ】★ (パスポルタセルボ)
         エスペラント民泊旅行(58日間)回顧録
【ブログ】☆ (学習) 
         本気で俳句に挑戦: 「切レ」と俳句の正体
【ブログ】★ (学習) 
         本気で俳句に挑戦: 俳句迷考
 (資料) 私設エスペラント図書館
 (提案) 国際語エスペラント体験学習
         (九州エス大会開催地の中高校)
 (資料) 広島・長崎関係エス語出版物
 (資料) 点訳エスペラント関係図書一覧


エスペラント語記述ホームページ紹介


 原子力発電所最後の日 (ドイツからの情報)
 外国からの絵葉書
 視覚障害者の世界 (福岡高等盲学校)
 (展示紹介) 生け花
 (資料) 日本の古典囲碁研究と学習案内
 (テレビ番組) 全日本列島俳句コンクール
 (活動支援) 福岡・ウズベキスタン友好協会
 (報道) メジャーリーグのイチロー (262安打記録)
 (展示紹介) 日本の書道(かな文字)
 (携帯メール学習記録) 「私はだれ?」
 (報告) エスペラント大会参加報告
 (学習ツール) リンガフォン社のエスペラント学習
 (我が町紹介) 須恵町
 (実録報道) 博多湾沖(玄海島)地震 (福岡)
 (トーゴ国支援) ポケット版辞書(エス語ーフランス語)
 (展示紹介) 全国陶磁器フェアin福岡
 (外国旅行) 中国(桂林・武陵源ほか






設   立

          組 織 概 要

名    称   エスペラント伝習所須恵
住    所   811-2114福岡県粕屋郡須惠町上須恵684
FAX・電話   092-932-5511
ホームページ(日本語)   2016-11-30 @nifty サービス終了
ホームページ(日本語/エス語) http://esperanto-hs.in.coocan.jp/index.html   *** 2016-12 再構成 ***


          設     立

年    月   1996年1月1日(福岡県粕屋郡須惠町へ1995年に佐賀市より移転)。
目    的   国際語(世界共通語)エスペラントの存在を一般の人に知らせること。
構 成 員    代表 橋口成幸(はしぐち しげゆき) ほか3名(エスペランティスト)。

          主  活  動

出版・発行    普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』到達目標 10万部(2006年1万部達成)。
         2004年09月02日現在の延ベ発行部数 10,000部(第4版:4000部)。
学校授業支援   小中高校へのエスペラント語紹介(2000-2001年中学校英語授業で国際語紹介授業実施)。
         『総合的な学習の時間』の中でエスペラント語を道具として利用する指導・学習を提案。
講習会の開催   新聞による募集・イベントへの参加講座。
出前授業提案   九州エスペラント大会開催地の中高校へ「国際語エスペラント体験学習」を毎年提案。
展示会の開催   イベントへの参加・学校支援中の校内エスペラント展。
新教育理解支援  新教育と『総合的な学習の時間』について、一般の人たちへ理解を促す。
         新教育に関するテレビ番組録画ビデオによる学習。
         全国カリキュラム学会への傍聴と『総合的な学習の時間』の位置づけ理解。
         地域での教育行政に対し、「国際理解・交流」について具体的な事項を示した積極的な提案。
地域国際化推進  国際交流のための小会話帳作成開始(日本・韓国・中国)。
外国との協力   エスペラント語-フランス語ポケット版辞書作成(2006-2009::トーゴ国の学校支援)。
視覚障害者支援  「エスペラントをひろめる会」(盲人エスペランチスト達の活動)の支援。
         点訳エスペラント図書一覧作成。
         エスペラント文読み上げソフト開発提案(2003-03:山野敏夫氏開発済み)
         世界盲人情報ホームページ作成して世界へ提案。
エス語普及活動  小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を福岡市イムズビル8F「レインボープラザ」に常備。
         筑紫野市生涯学習センターに常備。春日市クローバープラザに常備。
         福岡国際交流会館に常備。
外国へ情報発信  日本文化や習慣、日本の出来事等をホームページで外国へ報告。
戻る







活動記録

2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度
2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度


    【2001年度】

出版・発行    普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』3000部作成〔2001-09-02〕

学校授業支援   英語教科書(NEW HORIZON 3 使用校)の Unit 7に現れる国際語・エスペラント語理解支援 
          国際語授業 ・・・・・・ 中学校英語時間の国際語エスペラント紹介授業
          エスペラント展示 ・・・ 外国絵葉書・エスペラント書籍の校内展示(除く篠栗中)

         居住地周辺の48中学校へFAXで授業支援を提案
         実施校・・・6校(2市4町)、49クラス、延べ約1800名
          福岡県粕屋郡  実施   宇美中学校(12月)、志免中学校( 1月)
                       篠栗中学校( 1月)、新宮中学校( 2月)
          福岡県古賀市  実施   古賀北中学校(12月)
          福岡県春日市  実施   春日東中学校( 2月)

         その他・・・小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を全受講生徒に贈呈
               講師謝礼相当額のエスペラント関係図書を寄贈(宇美中8冊、新宮中17冊)
               授業風景録音テープ作成
               授業風景ビデオ撮影(授業テキストの一部とエス展示物を加えて、
               他校への紹介用ビデオテープ作成を計画中)
         詳細報告・・・【詳細】の中の「私の国際語授業」をご覧下さい。

視覚障害者支援  試運用中  3.5FDによるエスペラント界情報提供(福岡エス会機関紙より3話)(1枚)
         試運用中  朗読カセットテープ提供(1巻)
         Eメール  地方機関誌掲載記事(主に交流関係)を希望者ほ配信
         音声合成  DOSシステム運用者の音声合成ソフトによるエスペラント文の聴取
               『ESPKANA作者の山野敏夫さんのソフト開発と運用指導〕
         贈  呈  『橋渡しの言葉エスペラント』第3版の解説・発音カセットテープ(1巻)
         原価提供  『橋渡しの言葉エスペラント』第3版(20部)

新教育      「総合学習の理解を深めよう」投稿(2001-11-11西日本新聞プリズム掲載)
         「開かれた学校づくりと地域社会」講演(2001-11-17文部科学省・大臣官房審議官)出席
             講演者は寺脇 研氏(大臣官房審査官(生涯学習政策担当))
             総合学習に関する質問と提案メモを講演者へ手渡す
         「総合学習を知ろう会」発足(2001-11-21西日本新聞プリズム掲載)
             11-22 問合せ者 1名,  11-25 問合せ者 1名
         文部科学省へ「小中学校設置基準」改定意見提出:パブリック・コメント(2002-03-22)
         「与えるテーマ創造力を欠く」投稿(2002-03-23西日本新聞プリズム未掲載)

資料02
戻る



    【2002年度】

国際語エスペラント普及活動
     国際語エスペラト展の紹介と独習案内・・・(須惠町第一小学校区「すこやか秋まつり」へ参加)
      絵葉書展示、2001年度中学校での国際語授業紹介、ビデオ「知れば・・・」上映
      配付物:ミニパンフ「ホントの・・・」(JEI発行)
          小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』(エスペラント伝習所須恵発行)〔学習希望者へ〕

県外学校でのエスペラント活動協力
     東京都青梅第一中学校での『総合学習』(授業:計7回各90分)指導者と情報交換・相互協力
     埼玉県鳩山中学校での『総合学習』(授業:1回2時間)指導者と情報交換・相互協力

学校授業支援(対象高校(福岡・熊本)所在地での取り組み出来ず中止)
     高校英語教科書『New Atlas II』使用の高校へ国際語授業の協力を提案
     Lesson 8 に、Zamenhof と エスペラント語についての記述あり(P102~112)

学習希望者への支援
     福岡県宇美中学校卒業者の本格学習支援
      2002-03:エスペラント学習関係資料と発音練習カセツトを渡して説明
      2002-09:手紙によるエス文字使用のローマ字学習開始

視覚障害者支援

    「エスペラントをひろめる会」(盲人エスペランチスト達のグループ活動)のサポート

        ・エスペラント界情報のメール配信(地方エス会機関誌抜粋)(2002-08:実施中)
        ・エスペラント記事の朗読カセットテープ作成(エル・ポポーラ・チニーオより)(2003-01:未実施)
        ・盲人エスペランチストの世界ネットワーク支援準備(2003-01:情報収集・HP作成中)
        ・エスペラント語関係図書の点訳推薦および点訳データの国外使用促進(2003-01:情報収集中)
          『危険な言語』『百通の手紙』『地球を震撼させたチエルノブイリ(海外からの手紙)』
          『おまけの旅ハンガリー』『地球時代のコミュニケーション』『エスペラントとは』
          「 Lingvaj Respondoj 」「 Barbro kaj Eriko」「Ekzercoj」(点訳許可申請中)
          「 Ora Hakilo 」点訳許可取得(2002-12:C^ELより)
        ・外国人盲人エスペランチストとのメール交信支援(2003-01:情報収集中・ソフト開発依頼中)
              Informa gazeto "NUN" で「呼びかけ」実施、5名から応答あり
              盲人のための情報ホームページ(エス版)作成開始[点訳情報・各国の盲人環境情報]

関連資料         〇エスペランティストのための視覚障害者関連情報
音声合成用ソフト(ESPTAP)〔テスト中〕〇日本語文対応・日エス混合文対応・エス文対応
音声合成用ソフト(ESPTAPI)〔テスト中〕〇エス文対応

     インターネットでエスペラント語の具体的な活用情報(旅行談・大会参加感想・外国人受け入れ話)      をメールで配信。情報提供機関誌(福岡エス会『La Vulkano』など)      エスペラント語でのメール通信のための音声合成ソフト開発を検討(着手済み)      外国で出版のエスペラント書籍(エス文)の点訳を検討(外国へ点訳許可を申請中)      世界の盲人活動情報の収集を開始(NUNへの呼びかけ投稿) 地域教育活動提案(取組中)      「こどもとおとなの土曜日」提案・・・『総合学習』の理念をもとにした取り組みを提案      第1回(04-27)参加者=1人, 第4回(07-27)=3人      ローマ字てらこや(IT環境が無い家庭への支援) エス版日韓小会話帳作成(取組中)      エス語の短文に対応する会話の文に対して、日本語発音及び韓国語発音を      エスペラント語発音表記で作成するポケット版の小会話帳を作成する      (フサン在住のエスペランチストが協力)      両国の人が集まる各種イベントや交流会で無料配付することが目的 カリキュラム学会傍聴(まとめを別項「新教育とカリキユラム」で公開中)      第13回日本カリキュラム学会が九州大学で開催されたので、臨時会員として出席し、      2日間色々な課題発表や意見を聞いた。所感は「トップ画面」の教育講演・フオーラムに記録 「21世紀地方行政にのぞむ新教育」(提案)(2002年8月作成後に随時提案)      佐賀県西有田町の教育長公募に際して作成し西有田町へ提出(2002-08)      三重県津市教育委員会の小学校長公募に際して津市教育委員会へ提出(2002-09)      HPを閲覧して福岡県及び佐賀県の全市町村の教育委員会へ提案(2002-11)      全国各市長(教育委員会)へ提案〔約 500個所〕(2002-11~12) 「エスペラント語学習がつくる新教育」(提案)(2002年12月作成後一斉提案)      全国都道府県知事(教育委員会)へ提案〔約50個所〕(2002年12月) 「国際交流・理解支援」(提案)(2003年2月作成後FAXで提案)      居住地周辺の6市と10町の中高校へ提案〔約50個所〕(2003年2月)      居住地周辺の6市と10町の教育委員会へ提案〔約16個所〕(2003年2月) 公開シンポジウム「いま、学力を考える」参加(記録)(2003年3月)      九州大学教育学部主催 資料02
戻る



    【2003年度】

国際語エスペラント普及活動
     国際語エスペラト独習案内・・・福岡市レインボープラザで無料配付
     小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』(エスペラント伝習所須恵発行)(毎月約10部)
     エス語学習者募集〔1回1000円、2-3時間、月日時間は希望通り〕(2週間有効の掲示版にて)
     小田原エス会へ『橋渡しの言葉・・・』見本を贈呈。その他5名へ贈呈。
     
学校授業支援(対象高校(福岡県内北部で訪問が可能な学校)
     中学校(49)・高等学校(26)・大学(4)へ「授業協力のハガキ」発送(2003-07-02)
     須恵高等学校を訪問し校長へ具体的な説明を終了。(2003-07-10)
     須恵中学校を訪問し校長へ具体的な説明を終了。(2003-07-14)
     山形県酒田中の総合学習生徒へ『橋渡しの言葉・・・』を贈呈。

外国からの視察者支援
     ベトナムからの訪問者案内・・・福岡県立福岡高等盲学校、福岡県点字図書館、福岡市点字図書館、
       県民ボランテイア総合センター、福岡県盲人協会(2003年4月)
     各施設で受領した全資料のエスペラント訳作成後、訪問者ゴク・ラン(NGOC Lan)さんへ渡す。
     点訳「Ekzercoj」をベトナムへ贈呈するように「エスペラントをひろめる会」へ提案。
     熊木秀夫さんの情報を受けて、ランさん案内時の特ネタを報告。

エス語指導者との協力
          サーノ葉子さん(青梅市):青梅一中「総合学習」のエス語授業で『橋渡しの』副読本に採用。
     Dianne Lukesさん(香川県在住):小中学校と大学のエス語授業で『橋渡しの』副読本に採用。
     池田富子さん(山口県):中学校でエス授業、大学生へのでエス講座
     江川治邦さん(和歌山県):地域活動にエス語を積極的に利用
     清水隆男さん(新潟県):地域活動開始へ準備中

世界教育情報関係者との協力
     ILEI(エスペラント教育者世界連盟)へ、活動情報や日本の教育現状を小報告(2003-07)。

視覚障害者支援

  「エスペラントをひろめる会」(盲人エスペランチスト達のグループ活動)のサポート
      ・点訳許可取得・・・「Barbro kaj Eriko」(スエーデン)
      ・点訳許可申請中・・・「Lingvaj Respondoj」「Ekzercoj」
      ・外国盲人エスペランチスト(支援者を含む)とメール交信(2003-04以降:情報収集)
       Informa gazeto "NUN" で情報提供を呼びかけたところ、10名から応答あり
      ・世界盲人情報ホームページ(Blindula Mondo)見本初版完成し、
      情報提供者に一部を公開(2003-07)。
      ・各施設で受領した資料のエスペラント訳をホームページにも掲載。
      ・盲人のための「ウエヴ・アクセシビリティ」について学習しHP再構築。

2004-03 ベトナム・ハノイ市(熊木さん)へCD-R(ESPTAPI, kurso3, ESDEN ktp.)を送付。
音声合成用ソフト(ESPTAP)〔本運転中〕〇日本語文対応・日エス混合文対応・エス文対応・ローマ字対応
音声合成用ソフト(ESPTAPI)〔本運転中〕〇エス文対応
世界視覚障害者情報ホームページ(提案見本版)作成。      世界視覚障害者情報ホームページ「Brajlula Mondo」を構築中(2002年度より継続)。   2003-06 海外からの情報協力者へ一部公開(6テーマ)。   2003-07 海外からの視覚障害者の情報協力者へ一部公開(6テーマ)。       2003-10 海外の協力者へ全内容公開(24テーマ)。   2003-08~2004-02 視覚障害者のためのアクセシビリティを考慮して再構築。   2004-03 海外の協力者へ再構築の全内容公開(24テーマ)。  資料02
戻る



    【2004年度】

国際語エスペラント普及活動。

  2004-03~04 日本エスペラント百周年記念事業「あっちもこっちも」全国一斉講習会参加。
      03-27 AM 宇美町「しーず・うみ」
      03-28 AM 須恵町「須恵町ボランティアセンター」
      04-04 AM 春日市「クローバープラザ」
      04-25 PM 春日市「クローバープラザ」
  2004-04 新潟県の「旅館エスペロ」へ小冊子『橋渡しの・・・』10冊贈呈。
  2004-08-03 新英語教育研究会の全国大会分科会で「エスペラント紹介」を行なう。
       (九州エスペラント連盟の取り組みとして百周年協賛事業に申請)詳細は別ページ掲載あり。
  2004-09 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』(第四版)4000部作成(百周年記念ロゴあり)。
  2004-11-27 「あすばるフェスタ2004」でエスペラント展示とミニ講座実施(福岡エス会と共同取り組み)。
        87名へ資料配布(エス学習ソフトkurso3のCD、『橋渡しの・・・』、『ホントの・・・』、
        新英語教育研究会全国大会配布資料)。


エスペラント読み上げソフト(ESPTAPI)と学習ソフト(Kurso de Esperanto) の世界普及活動。

  2004-04 中国(上海: TANG Jong 中学校英語日本語エス語教師)へ学習ソフトCD送付。
  2004-05 中国(北京: Cui 大学でエス語授業の講師)へ学習ソフトCD送付。
  2004-10 中国(湖北省: Shejko (荊州)へ学習ソフトCD送付。
    2004-11 中国(湖南省: LU Jisin(桂林)とインターネットで交流。
       目的は、水墨画の景勝地桂林訪問し水墨画愛好者との交流及び学校訪問し交流提案。
  2004-11 中国(湖北省: PENG Zhengchin(武漢)とネットで交流。
       目的は、桂林旅行に同行、水墨画愛好者との交流及び学校訪問し交流提案、三省合宿へ参加。
世界視覚障害者情報ホームページ(提案見本版)作成。   2004-04 視覚障害者世界情報ホームページ[Brajlula Mondo] 世界へ公開。   2004-04 ホームページ管理者募集をエス世界掲示板「NUN」へ投稿。        中国の Zhang さんからコンタクトあり。主旨を説明しHPアドレスを紹介。 2004-05 ボスニアの Bastono さん(視覚障害者)から、ホームページについてアドバイスを受ける。   2004-07 正式に公開する。 修学旅行による学校交流情報ホームページ(提案)作成。   2004-09~10月 エスペラント語版のホームページ作成し、中国の仲間へ協力を呼びかける。。   2004-10-07 JTB九州国際際部 営業本部を訪問し、会社の取り組み意向を聞く。         当方の計画を提案する〔資料を贈呈〕。詳細は別ページ掲載あり。 イチローの安打世界記録の号外(記事)交換のエスペラント語版のホームページ作成。   2004-10-05 地元西日本新聞社から号外50部を無料で受領する。   2004-10~11月 インターネットを使用して世界の仲間へ記事交換のメールを発信する。         詳細は、別ページ掲載あり。   2004-12   英語版ホームページを検索して、地名・人名などの固有名詞つづりを調査する。   2004-12   外国からの問合せ数件のみ、記事コピー送付者一名のみ。この計画不成功に終わる。 「伝統俳句紹介」のエスペラント語版のホームページ作成開始。   2004-12 エス語掲示板「Japaneskoj」(日本文学に関するエスペラント語使用のメーリングリスト)に参加。   2004-11 報告(俳句の「切れ」について)。俳人清水杏芽(きょうが)の本『俳句は「切れ」がいのち』。   2004-12 「伝統俳句紹介」のエス語版ホームページ作成開始。 九州エスペラント活動資料のCD収録化計画。   2004-04 九州エスペラント連盟へ提案し、実施の方向は確認済み。   2004-10 スキャナーによるテスト読み込み作業実施。問題点発見。       (手書き資料の再入力必要、印刷の古い資料は文字抜けなどの手直しが必要)。   2004-11 百周年事業として取り組むか検討開始(百周年事務局より認可・協賛で可能との回答あり)。   2004-11 九州エスペラント連盟で具体的な検討を開始(橋口が検討案作成担当する)。   2004-12 収録試行結果を九州エスペラント連盟事務局へ報告。今後の取り組みについて指示を仰ぐ。 2005-02 九州エス連盟より検討についての返事なし。   2005-03 返事期限を3月末まで延期すると返事なし。 国語教科書『中学国語2』(学校図書出版)に関するエス語紹介授業提案。   2004-10 福岡県下の対象校名の確認。        泰星中学校 362名、 福岡大学附属大濠中学校 251名、        福岡舞鶴高等学校附属中学校 126名。   2004-11 上記三校と佐賀県内二校(龍谷中学・致遠館中学)へ、授業協力の提案書をFAXで送信する。 須恵町ホームページのエスペラント語版作成。   2004-10 地域と密着した国際語エスペラントの使用例として試作を開始する(同様な構成に考慮)。   2005-02 日本語版で使用された写真の一時利用を須恵町総務課へ申し出る。   2005-03 概要版完成後、須恵町総務課へ紹介するも、総務課の受入反応はない。        須恵町町長へ、文書による提案を考える。 福岡西方沖地震についてのホームページ作成。   2005-03 3月20日発生の玄海島付近の地震による被害情報のホームページ作成を開始する。        これは、国際語エスペラント語が今日の出来事に即応できるかどうかの私的挑戦である。        各種マスコミ(新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など)から得た情報を見出し感覚でエス訳する。   2005-03 世界のエスペラント語掲示板で、地震情報提供ホームページの試作を紹介する。 資料02
戻る



    【2005年度】


日本エスペラント運動百周年記念事業。

【A-04-46】投稿参加:書籍『エスペラントと私』出版(2005/2/15)。
       (「『エスペラントと私』の刊行を実現する会」)。

【A-05-66】(2005年6月10日認可)
1.申請区分(A)協賛事業
2.事業名称世界共通語エスペラントの紹介(「中学校国語2」授業)。
    Prezento pri Internacia Komuna Lingvo Esperanto (por leciono de Nacia Lingvo en mezlernejo)。
3.実行主体  エスペラント伝習所須恵。
4.代表者    橋口成幸。
5.事業の説明。
    ・目的:教科書「中学校国語2」の中の「言葉の橋を」に現れる、ザメンホフが発表した「新しい
            世界共通語」に関して、エスペラント語紹介授業を行なう。
    ・期間:2004年12月~2005年12月(下記の第三段階まで実施済み)。
      第一段階:FAX による授業支援の申し出・・2004年12月実施。
      第二段階:電話による国語担当教師への授業支援の申し出・・2005年2月実施。
      第三段階:エスペラント関係資料送付による授業支援の申し出・・2005年5月実施。
      第四段階:授業支援の有無にかかわらず希望校の全生徒(二年生)へ下記資料を贈呈。
      (1) チラシ「ホントの国際語ってなんだろう?」(JEI発行)。
      (2) 小冊子「橋渡しの言葉エスペラント」(エスペラント伝習所発行)。
      第五段階:授業支援の有無に係わらず希望校教師への説明。
      第六段階:授業支援の実施。対象校 : 5中学校。
      (1) 泰西中学校(福岡市)、(2) 福岡大学附属大濠中学校(福岡)、(3) 福岡舞鶴高校附属中学校
     (福岡)(4) 龍谷中学校(佐賀)、(5) 佐賀県立致遠館中学校(佐賀)
  * 関係ホームページ:
   http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Sbazo.html .

【A-05-87】エス本読上げCD提供(初級向け)(2005年10月16日認可)(エスペラント伝習所須恵)
           Gerda malaperis 吹き込みCD,送料込み千円。12月末まで。

【A-06-104】『九州地方エスペラント活動記録資料集』(2006CD)(2006年2月18日認可)。
1.協賛事業。
2.『九州地方エスペラント活動記録資料集』(2006CD)。
    Dokumentaro de Esperanto-Movado en Kjuushuu (Kyushu) (2006CD).
3.実行主体:エスペラント伝習所須恵 (Esperanto-Kultivejo Sue)。
4.事業の責任者:橋口成幸。   5.取組み期間:2004年3月~2006年4月(一次計画)。
6.対象資料:
      (1) 九州連盟に保管されている九州連盟および各地方エスペラント会活動資料(紙ベース)。
      (2) 新規に作成された各地方エス会活動資料(紙又はデータ)。
7.目的:
      (1) CDに収録して希望者が閲覧できるようにする。
      (2) 『九州地方エスペラント史』(仮称)作成に役立つ資料となる。
      (3) エスペラント語日本上陸100周年を迎え、九州地方でのエスペラント活動を学ぶ。
8.その他:
      (1) 新規に作成した『エス活動の歴史本』ではなく、資料の収録です。
      (2) 期間中に全収録が完成するものではありません。
      (3) 紙ベースの手書き資料の収録は見送ります。
      (4) HTML 方式で収録し、パソコンでの閲覧を容易にします。
      (5) 完成後、希望者には作成原価相当で配布できる予定です。

「あっちでもこっちでも」一斉講習会参加。
----------
  ・講座名:『国際語エスペラント入門講座』(海外文通・旅行)。
  ・期  間:2005年4月から7月       ・日  時:第1,3金曜日(19:30~21:00)。
  ・会  場:須恵町カルチャーセンター     ・受講料:1000円/月    ・指  導:橋口成幸。
  ・申込先:エスペラント伝習所須恵。
----------
 o 講座名:『国際語エスペラント入門講座』。
 o 場所:須恵町上須恵向エ集会所     o 教材:『橋渡しの言葉エスペラント』などを贈呈。 
 o 日時:毎月第1, 3土曜日(9:30-11:00)     o 期間:年間(定期講座)2006-03 開始。
 o 期間:年間(定期講座)     o 月会費:一般1000円(高校生以下無料)。
 o 指導:エスペラント伝習所須恵     o 問合せ先:橋口成幸。
 o 教材準備のため事前に申込みが必要。
 o 特典:6ヵ月学習後、優秀者へ海外エスペラント大会等への参加費援助。
----------

福岡県飯塚市日新館高校への国際語エスペラント授業支援提案。

  2005-03 日新館高校は、「敬・愛・信」の精神を重視し個性ある生徒指導を目指す私立高校ですが、
             2005年度の入学生試験には150名の定員に対し、実際の入学希望者は十数名という事態に、
             2005年度の新入生受入を一時断念した。
             しかし、入学予定性(11名)や保護者並びに地域の要望により、この11名の生徒を2005年度は
             受け入れることとなった。2006年度以降は未定である。
             このような状況を報道で知り、空き教室を借りた『国際語エスペラント教室』の発足について
             直接校長へ提案することにした。教室使用の条件として、全在校生への国際語授業を引き受け
            ることを申し出た。

  2005-04 日新館高校の野見山義隆学校長へ提案文書を発出(次の資料を同封)。
             1. 『・・・「・・・エスペラント」がお手伝いできること』(ALE作成)。
             2. 『国際語エスペラントへの招待』(JEI作成)。
             3. 『橋渡しの言葉エスペラント』(ESK作成)。
             4. 新聞報道記事(エスペラント展示・中学校国際語授業・エスペラント活動など)。

九州エスペラント活動資料のCD収録化計画(2004年度から引続き作業)。

  2005-05 第79回九州エスペラント連盟大会に参加して、直接地方エス会に提案。
       その結果、熊本エス会は手書き部分のCD入力をしてくれることとなった(吉田・木野両氏)。
       福岡エス会は手書き分のCD入力を萩野明氏が担当し、まとめの作成を西田光徳氏が担当する。
  2005-05 印刷済資料をスキャナーで取り込む。
      (長崎エス会の手書き資料は再入力が必要と判明)。
  2005-06 エスペラント伝習所の独自事業として取り組むことになり、九州エス連盟および各地方エス会へ
       資料再作成或いは新規作成の協力とお願いの文書を発送する。
       仮名称「2006年CD版九州エスペラント運動記録資料集」とする。
    2005-08  CD収録資料をホームページ形式で各地方エス会へ紹介する。個人活動者へも提案し、寄稿を
             依頼する。  
    2005-09  九州エスペラント連盟の事業としての採用を事務局へ提案し、12月末までに回答を要望。
    2005-09~2006-04  CD収録作業に専念。  
    2005-09  当初予定の印刷資料分の入力完了し、一次校正もほぼ終了。
             手書き資料のデータ作成について熊本エス会・福岡エス会・長崎エス会へ進捗状況をたずねる。
    2005-10  視覚障害者エスペランチスト団体指導者温泉川美喜雄氏(エスペラントをひろめる会会長)へ
             発足以後の活動概要について資料提供を要請し、了解を得る。。
    2005-11  故石崎分一氏(熊本エス会)著書『一企業人エスペランチストの言葉』よりほぼ全記述を収録。
    2005-12  九州エスペラント連盟より事業採用についての連絡なし。来年2月までに採否の決定をするよう
             に事務局へ再度提案。
    2005-02  故鶴野六良氏(熊本エス会)著書『エスペラントと共に』よりエス関係記述を収録。
    2006-02  九州エスペラント連盟より採否の報告なし。私(橋口)個人の活動として取り組むことした。
    2006-03  当初計画より手書き資料分を除いて、ほぼ収録完了。入力文字の誤り訂正作業は残る。
 

エス語版ホームページの作成。

  2005-04 須恵町ホームページのエス語版用写真撮影。建造物や自然環境(つつじ祭りなど)。
  2005-05 有田陶器市ホームページ用の写真撮影(佐賀県西東松浦郡有田町)。数社に撮影許可を得る。
  2005-05 博多どんたくホームページ用の写真撮影(福岡市天神周辺で撮影)。
  2005-05 博多祇園山笠用の写真撮影(福岡市川端通り、櫛田神社周辺で撮影)。解説資料購入。
  2005-05 福岡西方沖地震ホームページ掲載写真撮影(中央区警固地域、西区西浦地域、志賀島、博多埠頭)。
             西日本新聞社主催の地震写真展(イムズビル)の会場写真撮影と使用許可を得る。資料購入。
  2005-07  エスペラント語によるトップページを作成。
  2005-07  博多祇園山笠ホームページ用の写真撮影(福岡市中州・川端・天神・櫛田神社周辺で撮影)。
  2005-07  ホームページ(エス語版)『博多どんたく』『博多祇園山笠』作成開始。 
  2005-08 博多どんたくホームページ作成開始。
  2006-03 福岡西方沖地震HP掲載用の写真撮影(玄海島)。

国語教科書『中学国語2』(学校図書出版)に関するエス語紹介授業提案(2004年度から引続き作業)。   2005-02 福岡県(3)と佐賀県(2)の該当中学校へ授業支援と資料贈呈を電話で提案。   2005-05 福岡県(3)と佐賀県(2)の該当中学校へ授業支援を提案し資料を贈呈(郵送)。        泰西中学校から資料要望あり、『橋渡しの・・・』と『ホントの・・・』を各40部贈呈。   2005-06 全国の該当中学校(108)の内59校へFAX提案、25校へ提案文書を郵送するも反応なし。 国際語エスペラント普及活動。   2005-05 エスペラント語日本上陸百周年記念事業として「普及講座(4~7月)」を計画。   2005-05 百周年記念事業として「エスペラント講演」を計画。会場へ活動状況を説明。        (資料:「エス・・・招待」、「橋渡しの・・・」、「ホントの・・・」、         2004年新英教研大会配布資料)   2005-06 国際語エスペラント100周年記念講演『あなたの近くにある世界』を実施。        06-25(sab) 10:00-12:00 シーメイト(粕屋郡志免町志免)。        参加者1名:二年前から独習、辞書あり、学習書「4時間で・・・」所持。           2005-07 前記の参加者:山中秀樹氏沼津エス会の通信講座(中級)受講開始。   2005-07 「まちづくり意見交換会」へ出席し、「おやじサミット」主宰者と交流。 2005-08 ブラジルの S-ro Emilio CID から、本( Gerda malaperis) の音読CD販売権に ついて認可の提案あり。検討後、視覚障害者に無料配布の特権を付与して、一般 エスペランチストへの販売を申請、承諾を得る(但し、MP3方式での販売禁止)。 2005-11-25現在:国内で販売と贈呈実施43(25販売+18贈呈)。 2005-09 「第6回福岡市おやじサミット」へ参加し、地域での活動に「こどもとおとなの土曜日」 を提案。同時に「コミュニケーション」の道具としてエスペラント語学習を紹介。 第四分科会で30名に資料を配布し、懇親会で17名に小冊子『橋渡しの・・・』を配布。 2005-11 研究報告「地震に負けないコミュニティとまちづくり」(福岡アジア都市研究所セミナー) に出席。発表者(九州大学学院生)と地震情報の公開について意見交換。 2005-11 「災害時安否確認システム」構築者と情報交換。システム概要をエス訳しホームページ に掲載済み。システム運用テスト済み。システムのエス語版作成を提案中。 2006-03 アンドレ・コロベイニコフ演奏会配布用エス語宣伝チラシ作成(4000枚)。 外国人エスペランチストとの交流。   2005-02 他に現地の学校訪問し、エス語による日本との学校交流を提案。   2005-03 エス語普及のために学習ソフト(Kurso3, ESPTAP, ESPTAPI, ESDEN 等)を中国友人へ提供。        現地での普及のために3000円を寄付し、CDとDVDを各150枚作成し配布したとの報告あり。   2005-05 おもわぬ「反日運動」のため中国南部三省への交流旅行を断念。   2005-06 フィンランドのエスペランチスト(Reedik Oksa) へ日本語学習支援ソフトとして        学習ソフトCD(Kurso3, ESPTAP, ESPTAPI, ESDEN 等)を贈呈。   2005-08 中国南部三省の友人へ船便で資料送付(福岡市国際交流外郭団体「レインボープラザ」機関紙)。 2005-08 ドイツ人 S-ro Frank Stephan (この数年間毎年来日、数学者)の歓迎会出席。 2005-08 ブラジルの S-ro Emilio CID 氏から、「Gerda malaperis !」の音読CDの普及について 提案を受け、種々検討に入る。 2005-09 視覚障害者への無料提供について了承を得る。一般への販売について検討の結果、1000円 の寄付に対してカセット又はCDを贈呈することとした。Emilio の了承を得る。 2005-12 CDの提供数約40セット(視覚障害者及び支援者への無料提供数19セット)。 第80回九州エスペラント大会開催準備。 2005-09 開催担当福岡エスペラント会の大会準備作業に参加し、下記の提案をした。 (1) 大会記念品として「Gerda malaperis !」のCD作成(2枚組の50ケース)を担当。 (2) 大会会場設営。 (3) カセット録音(150分×2本)。 (4) 記念スナップ写真撮影とCD作成(推定30枚)。 (5) 世界のエス会とインターネットによる写真交換(目標50、最低30)。 (6) 小エスペラント展 ((5)のプリント、世界の封筒・絵葉書〔鵜木敬憲氏所有〕、 ユーロコイン〔堀泰雄氏所有〕)。 (7) 案内ポード作成(10枚程度)。 (8) 不在参加者へのメッセージ(参加者が色紙に記載し、コピーを送付)。 (9) Espero Tagigho の合唱テープを大きな音で流し皆で歌う。 資料02
戻る



    【2006年度】

九州エスペラント活動資料のCD収録化計画(2004年度から引続き作業)。

    2006-04  予定資料の収録をほぼ完了。
    2006-07  チラシ「エスペラント宇土」(野村忠綱氏作成)宇土市史研究資料(野村忠綱氏作成)
             を参考資料の部に追加収録。
    2006-10  エスペラント伝習所須恵が発行を始めた「PROPAGANDO」の収録を開始。
    2006-10  メール情報「長崎エス会活動報告」(仮称)を会長深堀義文氏より受領し追加収録を開始。

エスペラント関係ホームページの作成(*: Esperanto)。

* 2006-05  「有田陶器市」ホームページ作成再開。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Evento/Ceramiko/Abazarobazo.html
* 2006-05  「博多どんたく」ホームページ作成再開。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Evento/Dontaku/Dontakubazo.html
* 2006-06  「第80回九州エスペラント大会」ホームページ作成。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/80aKEL/80akongreso.html
*  2006-07  「博多祇園山笠」ホームページ作成再開。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Evento/Jamakasa/Jamakasabazo.html
  2006-09  「九州地方エスペラント活動情報」ホームページ作成。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/KELorg/KELorgbazo.html
* 2006-10  「第33回列島縦断俳句大会」ホームページ作成(Japaneskoj で世界の俳句愛好者へ公開)。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Literaturo/HajkoKon/Kbazo.html
* 2006-10  「第93回日本エスペラント大会報告」ホームページ作成(私家版)。 
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/93aJK/93JK.html
* 2006-11  「第6回ウズベキスタン展」ホームページ作成。 
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Interfluo/Uzbekistano/Uzbekbazo.html
* 2006-12  「福岡エス会Zamenhof-Festo」ホームページ作成。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/2006Zfesto/Zfesto.html

国際語エスペラント普及活動。

   2006-04~  「橋渡しの・・・」または「ホントの・・・」パンフを福岡市中心部のイムズビル8回にある国際
           交流ひろば「レインボープラザ」へ毎月15部設置。
  2006-04~  読み上げCD(Gerda malaperis !) の作成原価提供。(今年度6枚、累計約100枚)。
  2006-06   福岡国際交流会館で常設の普及講座実施中(毎月第三日曜日14:00-15:30)。
             受講者1名あり(立石直子さん)。その後継続学習なし。
   2006-06   西日本新読者欄呼びかけで受講希望者1名あり(筑紫野市)。資料を渡して説明。
          五名以上で会場使用可のため、インターネトなどの独習方法を紹介。継続なし。
  2006-07~10  「国際語(世界共通語・民際語)エスペラント体験学習」を下記箇所へ提案。
              岡山市立中学校(35)・高等学校(1)と岡山市教育委員会(2課)、受講希望者なし。
                http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Taiken.hrml   
   2006-08~10  福岡ウズベスタン友好協会の学集会・展示・タシケント大学生受け入れなどで協力。
          福嶋さん宅へ2週間1名滞在。JEI発行のエス語資料「エスへの招待」を贈呈。
          ウズベスタン展についてのエス語版ホームページ作成開始するも難行。
   2006-11  西日本新聞読者欄へエス学習者募集記事を投稿。掲載文は次のとおり。
          --- 世界で一番易しい国際語エスペラント学習者募集。会場は福岡国際交流会館、
          クローバープラザ、筑紫野市生涯学習センター、須恵カルチャーセンター。
          学習日・会費がそれぞれ異なるので事前に申し込むこと。福岡国際交流会館では高校生
          以下は無料。--- 
   2006-11	ウズべキスタンのタシケント在住のエスペランチスト Eugeno S. Perevertajlo 氏へ留学生
          について情報提供し、Zamenhof Festo へ招待するよう提案した。
   2006-12  西日本新聞読者欄へエス学習者募集記事を見て学習問合せあり(西区在住の女性)。
       12-17 資料を渡して説明後、HES のザメンホフ祭に一時間参加。学習継続は後日連絡を待。
   2006-12  筑紫野市生涯学習センター情報棚にチラシ『ホントの・・・』30部設置開始。
          イムズビル8F「レインボープラザ」に『』橋渡しの・・・』10部補充。
   2007-02  須恵町紹介絵葉書(エス語版)作成計画。須恵町民の今村さん写真撮影協力。
  2007-02-01 「国際語(世界共通語・民際語)エスペラント体験学習」を下記箇所へ提案。
   2007-03-13  長崎市内公立中学校(22ヵ所)・長崎市内私立中学校(28)、私立高等学校(10)、
          長崎市内盲ろう養護学校(2)、国立養護中学校(2)、長崎市内公立高等学校(16)、
          長崎市教育委員会(1)。合計80箇所。
          長崎市以外の教育委員会(22ヵ所)へは参考資料として提案文書を送信。
               http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Taiken.hrml   

国内エスペランチストとの交流。

  2006-06~2007-03  第80回九州エスペラント大会報告「Protokolo」作成を福岡エス会員と作業。
  2006-09 九州地域の地方エス会情報交流を目的にホームページ「Lokaj Organoj en Kjuushuu」を
         作成し公開。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/KELorg/KELorgbazo.html .
         10月よりエス伝習所須恵「PROPAGANDO」と長崎エス会「活動報告」が加わった。
  2006-09 大石陽氏作成の子ども用『エスペラント辞典』の校正支援(主として誤字・脱字調査)。
  2006-10 第93回日本エスペラント大会のJEIと支部・地方エス会意見交換会へ出席(24名)。今後
         の意見交換会開催について事前アンケート実施を提案。
         初めての日本大会参加だったが、多数の有名・著名エスペランチスト達に出会った。
  2006-10 第93回日本エスペラント大会で知りあった人へ大会スナップ写真(foto-KD)を12名へ贈呈。
         岡山県立山陽女子高校へも指導者原田芙紗子さんを介して贈呈。
  2006-10 第93回日本エスペラント大会で注文を受けた「橋渡しの・・・」30部を上月さんへ発送。
   2006-11 熊本エス会へ「橋渡しの・・・」50部送料負担で提供。
   2006-11~12 福岡エス会 Zamenhof Festo 開催に協力。
   2006-12 宇土エス会へ「橋渡しの・・・」30部送料負担で提供。
   2007-02 埼玉エス会へ「橋渡しの・・・」30部送料負担で提供。

外国人エスペランチストとの交流。

   (2005-12)  トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との写真交換以後
              メールによる交流が続いている。
  2006-04  [JkunL01]トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」との間で
             エスペラント語による教育協力確認書締結を提案し、起草中。
  2006-06  [JkunL02]トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」のエス語版
           ホームページ作成支援ほぼ終了。
  2006-06  [JkunL03]トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」へポケット版
             エス語辞書作成を提案。見本は[La Semo de Esperanto]。印刷価格調査を依頼。
             フランス語の類似版作成について著作権保有者の貫名初子氏より了承を得る。
  2006-06  見本 [La Semo de Esperanto]を3部航空便でローメへ贈呈(2006-06-23)。
  2006-06  2006ワールドサッカー開催を機に、エスペラント語を導入したサッカー関係の言葉
             「Socceranto」提案者現れる。具体的な内容を問合せた。トーゴ国の学校で生徒達
             に紹介したい旨報告。
  2006-08  [JkunL03]ポケット版エス語辞書「La Semo de Esperanto」の日本語記述解説文の
             エス訳開始。
  2006-08  [JkunL02]現在登録内容の訂正・追加情報を「Instituto Zamenhof」から受領し、
            修正して「Instituto Zamenhof のホームページ」本公開となる。
  2006-09  中国エスペラント連盟(ChEL)の LI Baofa 氏にポケット版辞書の印刷について協力を打診。
          快諾を得て後日見本(エス-日)を発送の予定。
  2006-09  ルーマニアの雑誌「BAZARO」編集長ユリア(Julia)女史から被爆者のその後の情報に
          ついて資料提供の連絡あり、広島の忍岡守隆氏を紹介する。
  2006-10  エストニアのリディア(Lidia LINDLA, Lydia Lindla)女史と第93回日本大会(岡山市)
            で出会う(彼女は私の長年の文通相手エエビ(Eevi LOBJAKAS)女史の友人)。大会会場
            からエス本三冊(Postmilita Japana Literaturo, Mi amas ..., Goos^ la C^elisto)
            を船便で発送(Estonioへ書籍1kgまで1080円)。
   2006-11  ポケット版辞典見本2冊と「橋渡し」1冊を LI Baofa 氏へ発送。
   2006-11  EPCh の LI Baofa 氏へエス語-フランス語版ポケット辞典印刷経費とトーゴ国への送料
          を試算依頼する。
  2006-11  エストニアの Eevi LOBJAKAS さんへ小型カレンダーを航空便で発送。ドイツの Marianne
             DORNER さんへ大型カレンダーを船便で発送。ルーマニアの Julia SIGMOND さんへ 
           KAEM-organo を航空便で発送。 
   2006-12  EPCh の LI Baofa 氏からエス語-フランス語版ポケット辞典印刷経費とトーゴ国への送料
          を調査の返事届く。1000部で2200ユーロ(約33万円)小冊『橋渡しの・・・』が7~8
          万円で作成できるのに比べると高過ぎる。GBEGLO 氏に報告し他の方法を検討することに
          した。送料は不明とのこと。
   2006-12 ホームページ「第6回ウズベキスタン展」作成終了。福岡ウズベキスタン友好協会へ事前
          通知し了承を得る。
  2007-01 Finlando の S-ro Reedik から雪景色などの写真をネットで受領。
  2007-02 2007年度カレンダー(小)をReedik へ船便で贈呈。
  2007-02 阪急交通社旅行「桂林と漓江下り6日間の旅」で桂林を訪問し S-ro LU G^i s^in (LU Jixin)
         とホテルで面会を申込み、受諾される。2007-04-04 ホテルで2時間面会実現。水墨画交流、
         エス仏版ポケット辞書印刷費用、国際文化協会設立、LU 氏出版物、次回訪問等々懇談。
  2007-03 Litovio のs-ro Arunas KAZLAUSKAS (長年の文通相手)と横浜UK参加について情報交換。
   2007-03 Reedik からフィヨルドの観光パンフ(日本語版も含む)を受領。
   2007-03 韓国の s-ro LEE Jungkee へ「Gerda malaperis !」3セット贈呈。
 
資料02
戻る




    【2007年度】

     
九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。

    詳細は【項目02】をご覧ください。

九州地方エスペランチスト情報箱(2006年度から引続き作業)。

    受領した活動情報(機関誌以外でも)をスキャナーで取り込み掲載しています。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/KELorg/KELorgbazo.html

エス語版ホームページの作成。

2007-05  「中国旅行(桂林・龍勝・張家界・袁家界・武陵源)」ホームページ作成。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Vojagho/Chiniobazo.html
2007-05  「第81回九州エスペラント大会」ホームページ作成。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/81aKEL/81akongreso.html
2007-06   「Kiu mi estas ?」の改善版ホームページ作成中。
              http://homepage2.nifty.com/EsperantO/のKME/KMEbazo.html
2007-09  須恵町紹介絵葉書作成準備の「世界からの絵葉書」ホームページ作成。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Bildkartoj/BKbazo.html
2007-10  「第92回世界エスペラント大会」ホームページ作成。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/92aUK/92aUKbazo.html

第92回世界エスペラント大会参加(全日程)。

2007-08-04 ~ 08-11 詳細はホームページを作成し記録(ホームページ参照)。
 大会状況をデジタル・カメラで沢山撮影し、後日CDに収録して、国内海外の知人20名ほどに贈呈。
 毎日発行の大会速報「cirkulero」を国内海外の知人20名へ大会会場より発送。
 大会記念として、私の誕生年(1941)より前に発行された下記のエス本 (Brokantagho) を購入。
(1) H.RIDER HAGARD : "S^I"; El la angla originalo tradukis G. J DEGENKAMP (900 enoj)
(2) OLIVE SCHEREINAER : UNDINO; Tradukita de Stephen A. ANDREW [1938] (800 enoj)
(3) AXEL MUNTHE : ROMANO DE SAN MICHELE; El la angla tradukis Jenny Welminsky 
                                  [1935] (800 enoj)
国際語エスペラント普及活動。 2007-02~ 「国際語(世界共通語・民際語)エスペラント体験学習」を下記箇所へ提案。   長崎市内公立中学校(22ヵ所)・長崎市内私立中学校(28)、私立高等学校(10)、国立養護中学校   (2)、長崎市内盲ろう養護学校(2)、長崎市内公立高等学校(16)、長崎市教育委員会(1)。合計80   箇所。長崎市以外の教育委員会(22ヵ所)へ参考資料として提案文書を送信。期限日(04-10)迄に   希望者なし。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Taiken.hrml 2007-04~ 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』又はチラシ『ホントの・・・』を下記の3ケ所に設置。   福岡市国際交流センター(天神のイムズビル8F)毎月6-7部補充。福岡県国際交流センター   (博多区冷泉公園前)毎月10部補充。筑紫野市生涯学習センター(筑紫野市)毎月10部補充。 2007-04-30 有田陶器市HP作成のため、個々の商店にお願いして写真を撮らせて貰う。 2007-05-04 博多どんたくHP作成のため、パレードの写真を撮る。 2007-12-06 九州・近畿合同文芸アンソロジーへ、ルポ「エスペラント奮戦記(九)」を投稿。 2007-12-25 インターネットラジオ「サッタモまちかど放送局」で「エスペラント語講座」(毎週一回   15分間)開講について相談(放送料 9000円/30分間)。2008年度で再検討にする。 2007-12-26, 27 第52回九州民教研大分(別府)集会の外国語分科会において、エスペラント語授業   学校導入について、福岡県東部地区での中学校における「国際語エスペラント紹介授業報告」を   発表。授業後の生徒感想を多数紹介(述べ出席者数約20名)。詳細は4ページをご覧ください。 国内エスペランチストとの交流。   *** 2005-09~2007-12 までの約二年間、毎週木曜日19:30~21:00 に武藤たつこ氏      宅に集まり、第80回九州エス大会準備や大会後の Protokolo 作成に参加した。 *** 2007-03 「第80回九州エスペラント大会開催準備記録」を作成し、今後の活動資料に残す。 2007-04 埼玉県狭山市の徳原さんへ『橋渡しの・・・』30部販売(80円切手5枚の送料負担)。 2007-04~2007-05 第80回九州エスペラント大会報告「Protokolo」作成を福岡エス会員と作業。 2007-05-12~13 第81回九州エスペラント大会(長崎)出席。福岡エス会員と紙芝居「Leporo kaj   Testudo」を上演(製作にも協力)。小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』70部販売(20円)。   エスペラント学習フリーソフトCD "Kurso3" (自動立ち上げ版)を10枚販売 (100円) 。 2007-05-12 九州エスペラント大会会場で、中国からのUK参加者 (JEI の招待者)受け入れにつ   いて、保村翠氏(熊本)から協力要請を受ける。出迎えを橋口が担当することにした。九州大会   参加者との交流促進のため、懇親会のオークションへ自作水墨画を提供。 2007-05-15 深堀義文氏(長崎)から『Kiu mi estas ?』の問題をメール受信始まる。 2007-05-19 深堀義文氏(長崎)作成の『Kiu mi estas ?』資料の教材化(学校での「エス語学習   テキスト)を提案。深堀氏より了承を得る。誤字や脱字を直し、文章の簡易化に努めるため、   九州の仲間へ協力を要請したい。大会で受領した資料について、今年7月末までに誤字・脱字   を解決したい。 2007-05-24 第92回世界エス大会招待者熊林平氏(中国江西省)受け入れについて木野栄二   氏と情報交換。 2007-05-28 熊林平氏受け入れについてFAX にて保村翠氏と相談(受け入れまで続く)。  2007-06-02 熊林平氏のUKでの宿泊所確保について木野栄二氏と情報交換。 2007-06-04 パソコンからメール発送と同時に FAX 発送手順について調査、実験成功。(40円   /枚)。今後はパソコンから保村翠氏へ直接メールで情報を送信することにした。 2007-07   京都の相川節子氏とUK参加者のリトアニアの友人 s-ro Arunas Kazlauskas 夫妻   の宿泊をお願いする。寝袋二組を郵送する。 2007-08-04~11 世界大会の宿泊ホテルで杉谷裕子氏とよく懇談。 2007-11~12 福岡エス会会員と Zamenhof 祭の準備(「花さき山」のパネルシアター作成)。 2007-12-16 福岡エスペラント会の Zamenhof 祭に参加。インターネット情報紹介とネットから   「Legu kaj Ridu」 の一部を紹介する。 外国人エスペランチストとの交流。 (2005-12~継続) トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との写真交換   以後メールによる交流が続き、エス仏辞書作成計画の取り組みを開始した。ポケット版辞書    『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成を提案し、フランス語訳の協力者を探す。   ベトナムのs-rino Nguyen Thi Ngoc Lan や s-ro Nguyen Xuan Thu にメールで相談するも、   フランス語への翻訳作業協力を得るに至らず。 2007-01-25 フィンランドの s-ro Reedik Oksa から雪景色の写真がメールで届く。 2007-03 韓国のエス語指導者 s-ro LEE JungKee へ 『Gerda malaperis !』 の CD を2枚贈呈。  2007-03-14 中国観光旅行の桂林市ホテルで面会を、エスペランチスト s-ro LU JiXin へ打診。 2007-03-15 桂林市 s-ro LU JiXin へ旅行日程情報をメールで送信。 2007-03-20 s-ro Reedik Oksa から日本語版のフィンランド観光パンフ届く。 2007-04-04 阪急交通社旅行「桂林と漓江下り6日間の旅」で桂林市を訪問。 中国桂林市の   S-ro LU G^is^in (LU JiXin: FD de UEA)と桂林市内ホテルで約二時間面会(旅行の途中)。   水墨画愛好者の交流、トーゴ国ローメ市の学校 「Instituto Zamenhof」 のエス仏辞典の作成   について、印刷費用の調査、国際文化協会での協力などを相談。受領品(中国語版子ども用   エス学習書、白居易漢詩エス訳本など)。 贈呈本(Akvoj mi petas. Animo drivas. Kiel venki   Esperanto ? ktp.)贈呈品(小カレンダー、92UKポスター2枚、富岡鉄斎画集(古本))。 2007-04-09 ポーラントの s-rino Barbara Pietrzak から、人吉市在住の碓井夫妻の受け入れ   について承諾の返事届く。 2007-04 S-ro LEE JungKee から韓国版「Esperanto tiel parolata」(藤本達夫原著)を返礼とし   て受領する。 2007-04-24 s-ro Reedik Oksa へ中国(桂林ほか)旅行の写真をネットで送る。  2007-05-25 s-rino Dianne LUKES へ「Gerda malaperis !」のネット情報を提供。 2007-06-05 S-ro SHON LinPin (XIONG LinPing)〔熊林平〕へ宿泊受け入れのメール発出。  2007-06-08 熊本県人吉市の碓井夫妻の Barbara さん未訪問理由について、返事を仲介。 2007-07-22 s-rino Dianne LUKES へ旅行情報(広島から台湾へ船旅)調査結果を報告。 2007-07-23 ブルガリアの s-ino Sigmondo Julia から sezona revuo "BAZARO" 受領。 2007-07-24 ブルガリアの s-ino Sigmondo Julia へ絵葉書10枚船便で送る。 2007-07-28,29,30 S-ro SHON LinPin を福岡国際空港に出迎え、須恵町の自宅に宿泊させ、   福岡市内観光案内などをする。地域でのエス宣伝のため、須恵町町長を予告なしに訪問。   写真撮影成功。 2007-07-30,31 S-ro Hazairin R. JHhUNEPP (Hazairin R. JUNEP) 福岡市内観光案内。福岡   エス会西田光徳会長の手配で「ホテル」を使用。30日夜の歓迎晩餐会に毎日新聞社の女性   記者インタビューあり(秋吉任子氏の骨折りで実現)。数日後新聞に大きな記事が出る。 2007-07-31午前中に福岡市内観光後、午後から汽車で長崎へ向かう。 2007-08-01 s-rino Dianne LUKES へ旅行情報(日本から台湾への船旅)再調査結果を報告。 2007-08-25 UK終了後ブルガリアの s-rino Antoaneta Nikolaeva Staneva が秋吉任子宅に   宿泊、福岡市内観光案内のため、秋吉任子氏に同伴。27日から韓国へ渡る。 2007-08-26 S-ro Jurgen と s-rinoj Inge kaj Antoaneta を迎えて、福岡エス会の歓迎会を大   衆食堂「益正」で開催、子どもたち3名参加(松本姉妹、平山嬢)。 2007-08-27 UK終了後に平山晴記氏宅に宿泊中の ドイツの夫妻 (s-ro Jurgen Bauer, s-rino    Inge Simon) の「船に乗りたい」との希望で、志賀島マリーンワールドへ一日かけて観光案内。   とても二人は楽しんでくれた。 2007-10-26 エス仏辞書作成(仏語訳)についての協力要請をベトナムの s-ino Lan に送る。  2007-11-03 フランスの s-rino MIZUNO Micuko からエス・仏語辞書のインターネット情報受領。  2007-11-08 MIZUNO さんへ 『La Semo de Esperanto』 と 『橋渡しの言葉エスペラント』 を贈呈。 資料02
戻る




    【2008年度】

     
九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。

    詳細は【項目02】をご覧ください。

九州地方エスペランチスト情報箱(2006年度から引続き作業)。

    受領した活動情報(機関誌以外でも)をスキャナーで取り込み掲載しています。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/KELorg/KELorgbazo.html

エス語版ホームページの作成。 2008-01 深堀義文氏より Kiu mi estas ? のメールを毎日受信。【感謝】 2008-05 「第82回九州エスペラント大会」ホームページ作成。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/82aKEL/82akongreso.html 国際語エスペラント普及活動。 2006~ 「国際語(世界共通語・民際語)エスペラント体験学習」を九州エスペラント大会開催地へ提案。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Taiken.html 2008-02 熊本エスペラント会より下記の学校へFAXにて提案されました。    熊本市高等学校〔25〕 荒尾市高等学校〔2〕 宇土市高等学校〔1〕    熊本市中学校〔37〕 荒尾市〔5〕 宇土市中学校〔3〕 全 73校    残念ながら受講希望者なし。 2008-04~ 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』又はチラシ『ホントの・・・』を下記の3ケ所に設置。   福岡市国際交流センター(天神のイムズビル8F)毎月6-7部補充。福岡県国際交流センター   (博多区冷泉公園前)毎月5-6部補充。筑紫野市生涯学習センター(筑紫野市)毎月5-6部補充。 2008-05-03 博多どんたくHP作成のため、パレードの写真(不足分)を撮る。 2008-10-30 九州・近畿合同文芸アンソロジーへ、ルポ「エスペラント奮戦記(最終回)」を投稿。 国内エスペランチストとの交流。 2008-05 「Kiu mi estas ?」の誤り訂正。       メール原稿を作成されている深堀義文氏(長崎エス会)へ、小生が気付いた       点及び私的提案などを付記し、ホームページを基に校正されるよう要請。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/のKME/KMEbazo.html ***** 橋口発出メール ***** 九州の地方エスペラント会 様 (会員の皆さんへ転送してください。) 後部に添付していますように、深堀義文さんが作成され、第81回九州エスペラント大会 において、参加者へ配布されました氏の講演資料「Kiu mi estas ?」について、この手紙 (提案とお願い)を書いています。 深堀さんから早速ご許可を戴きまして、提案者の私(橋口)がまとめを担当することにし ました。とりあえず今年7月末を目途に、一次改善をしたいと思います。 各地方エスペラント会では、会員の皆様へ改善の趣旨をお伝えいただき、積極的なご意見を、 直接私へメールでお送りくださいますよう、お取り組みください。 どんなご意見でも受け付けます。インターネットを使用されていない方からの情報は、 パソコンを使用されている方が代わって送付してください。 改善や提案情報は、後日私のホームページ上に公開し、「KMEplibonigo」(仮称)として 進捗状況を公開したいと考えています。 改善の目的は、学校でのエス語教育補助資料(副教材)にしたいと考えています。 改善情報は次の五つに分類します。 ----- [pb01] Mia skribo (mistajpo) について・・・個々の単語のつづり誤り。 [pb02] Eraro de gramatiko について・・・複数(J) や対格(n) や前置詞などの付記もれ。 [pb03] より良い単語の使用について・・・他の単語の選択。 [pb04] より良い文章への書き換えについて・・・komencantoj にとってわかりやすい文章。 [pb05] その他・・・色々な改善(将来世界の学校で使用できる副教材資料とするために)。 ----- どうぞ宜しくお願いいたします。 ***** メール情報おわり ***** 外国人エスペランチストとの交流。 (2005-12~継続) トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との写真交換   以後メールによる交流が続き、エス仏辞書作成計画の取り組みを開始した。ポケット版辞書   『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成を提案し、フランス語訳の協力者として   水野光子氏(フランス在住)が 2007末に現れる。 2008-01 水野光子氏の協力を得て本格的に作業を開始する。 2008-05 第一次編集(基礎単語の拾い出しとネット辞書との照合)・・・橋口。 2008-10 第一次校正(単語群A,B,C,C^)終了・・・水野。 2008-11 接頭辞・接尾辞一覧と国名一覧表の作成開始・・・水野。 2008-12 基本データ(圧縮データ)を水野光子氏へネットで送信、GBEGLO 氏へも報告。 2008-12 辞書の大きさを確認するため、水野氏がネット上に原稿データをアップ。     http://photon.freeshell.org/misc/vortaro_az01.pdf 2008-12 見開きA5版(A3版片面8ページ)最高で64頁(A3版両面印刷で8枚)を計画。 資料02
戻る




    【2009年度】

     
九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。

    詳細は【項目02】をご覧ください。

九州地方エスペランチスト情報箱(2006年度から引続き作業)。

    受領した活動情報(機関誌以外でも)をスキャナーで取り込み掲載しています。
             http://homepage2.nifty.com/EsperantO/KELorg/KELorgbazo.html

エス語版ホームページの作成。 2008-01 深堀義文氏より Kiu mi estas ? のメールをほぼ毎日受信(090101 - 090622)。【感謝】     第94回世界エスペラント大会参加と二ヶ月間のヨーロッパ単独旅行のため0623以降は停止。 2008-05 「第83回九州エスペラント大会」ホームページ作成。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Kongreso/83aKEL/83akongreso.html 国際語エスペラント普及活動。 2006~ 「国際語(世界共通語・民際語)エスペラント体験学習」を九州エスペラント大会開催地へ提案。 http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/Taiken.html 2009-03 宮崎県下の学校へ、FAX 及び文書発送にて提案した。    宮崎県立中学校〔1〕 宮崎県下高等学校〔23〕 宮崎県下教育関係機関[5]合計 29箇所    残念ながら受講希望者なし。 2009-01~ 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』又はチラシ『ホントの・・・』を下記の3ケ所に設置。   福岡市国際交流センター(天神のイムズビル8F)毎月6-7部補充。福岡県国際交流センター   (博多区冷泉公園前)毎月5-6部補充。筑紫野市生涯学習センター(筑紫野市)毎月5-6部補充。 国内エスペランチストとの交流。 2009-03~ 北九州エスペランチスト会月例会(通常第4日曜日)へ参加。    第84回九州エスペラント大会開催担当地方エスペラント会の準備に協力。 2009-06~09 世界エスペラント大会参加とヨーロッパ旅行のため欠席。 2009-10~ 月例会参加を再開。 外国人エスペランチストとの交流。 (2005-12~継続) トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との写真交換   以後メールによる交流が続き、エス仏辞書作成計画の取り組みを開始した。ポケット版辞書   『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成を提案し、フランス語訳の協力者として   水野光子氏(フランス在住)が 2007末に現れ、フランス語訳部分を全面的に担当する。 2009-01 第二次編集(基本語(グループA,B,C)収録及び見出し語との照合)開始(橋口)。 2009-02 小生の母(95歳)踵骨折により入退院、小生パソコン動作不良のため作業中断。 2009-03 単語の並びをPIVの語根の並びに合わせて、派生語の順序を訂正する(橋口)。 2009-03 全接頭辞・接尾辞一覧表追加、国名・主都名一覧表追加収録(水野)。      http://photon.freeshell.org/misc/vortaro_c_ch02.pdf 2009-03 全データ(A-Z) http://photon.freeshell.org/misc/vortaro_az02.pdf 2009-03 現在データ保存のため水野氏より熱とで受領 (vortaroef.zip (271KB))。 2009-04 Ekzercoj 中の単語が、エス仏辞書にあるか照合した結果全て含まれていた(橋口)。 2009-06~08 第84回世界エスペラント大会とヨーロッパ旅行のため作業中断。 2009-09~ 小生の母(96歳)骨折入院による世話のため、辞書作成作業を水野光子氏に一任。 第94回世界エスペラント大会参加(2009-07-25 ~ 08-01)。 2009-07-25 Movada Foiro で、冊子『HIBAKUSHA』を参加者に無料配布。     協力者(吉部洋平氏、玉垣  氏)。 【冊子作成に至る経緯】 2009-05-21~ 田平正子氏へ、Movada Foiro 参加について、助言を求める。 2009-05-22 S-ino Barbara Pietrzak (新聞記者)へ冊子印刷依頼の準備をする。 2009-05-23 冊子のエス語版発行者東海林敬子さん、訳者小西岳氏へ許可の申請し、了承される。 2009-05-24 日本被団協へ冊子『HIBAKUSHA』の複製許可を申し込み。世界エスペラント大会      での無料配布を行なうことを告げる。 2009-05-27 Movada Foiro へ参加申し込みを UEA へ送る。      ポーランド国ビドゴシチ市の S-ro Jan SKONIECZKA へ冊子印刷の依頼文送る。 S-ino Anna Lowenstein へMovada Foiro 参加について問い合わせ。 2009-05-28 S-ro Jan から印刷請負承諾の返事をもらう(500ekzm.=376euroj, rabate 260euroj)       S-ino Anna Lowenstein から、申込書について指導あり。        S-ino Anna Lowenstein へ、記入事項について質問する。 2009-05-31 S-ro Jan へ画像2頁(.pdf)をネットで送る。 資料02
戻る




    【2010年度】

     
1.九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。
         九州地域の各地方エスペラント会が作成した記録(会の活動など)を、CDに収録している。
    (ただし、機関誌などは除く。)2010年は、『新宇土市史』(エスペラント関係抜粋)を追加した。

2.エスペラント関係ホームページの作成。
2010-04 「前ドイツ政府の原発廃止についての公開文書」(ドイツの Esperantisto へエス訳を依頼し実現)。
     http://homepage2.nify.com/EsperantO/Dokumento/Atomo/Atomobazo.html
2010-05 「第84回九州エスペラント大会」。
2010-09 「広島・長崎に関する出版資料リスト」(エス語翻訳、エス語創作に関する資料)。
     http://homepage2.nify.com/EsperantO/Dokumento/HiroNaga/HiroNagabazo.html
2010-10 「リンガフォンSPレコード」音声とテキストの抽出再現。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Lingvafono/index.html
2010-10 「外国からの絵葉書」(自分の町「須恵町」の絵葉書(見本)作成)。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Bildkartoj/BKbazo.html
2010-10 ~「エスペラント民泊旅行(58日間)回顧録」(作成中:エス語版)。
2010-10 「第97回日本エスペラント大会」。
2010-12 「2010年福岡エスペラント会ザメンホフ祭」。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Kongresoj/2010Zfesto/ZFbazo.html
2011-02 「橋渡しの言葉エスペラント」(エス語普及用ポケット版小冊子(自主制作)の複写版)。
     http://homepage2.nify.com/EsperantO/PontoLibro/PLbazo.html
2010-06~08 「エスペラント民泊旅行(58日間)回顧録」(ブログ:日本語)。

3.国際語エスペラント普及活動。
2010-01~  小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を次の3ケ所に設置。福岡市国際交流センター(福岡市
   中心地天神のイムズビル8F)に毎月4-5部補充。福岡国際交流会館(博多区冷泉公園前)に時々
   数部補充(福岡エス会例会参加の都度)。筑紫野市生涯学習センター(筑紫野市)に訪問時数部補充。
2010-06~08 2009年世界エス大会参加の機会に、パスポルタ・セルボを利用して、中部ヨーロッパを二ヵ月
   間旅行した記録をブログに書き込んだ。旅行した月日に合わせて二ヵ月間毎日書き込んだ。エスペ
   ラント宣伝になったかも。
2010-09~ 第97回日本エスペラント大会が、長崎市で開催されることになり、マスコミや市民へのエスペ
   ラント語宣伝等を視野に入れて、「広島・長崎に関する出版資料リスト」の編集に取り組んだ
   (2011-02: 休止中)。「スローライフ禅」の活動者にも紹介した。

4.私設エスペラント図書室を計画(目録作成中)。
  (福岡県内の物故者のエスペラント図書を譲り受けて、整理・保管・貸出しをする)。
  第82回九州エス大会で各地方エス会及び大会参加者へ活動趣旨についての文書を配布した。現在手元
  にある書物は佐賀エス会(山崎雄一氏)から過去に受領した図書。北九州エス会(榎山時次郎氏、
  大場格氏、加藤輝雄氏、白石茂生氏)の図書・資料を受領。福岡エス会(梅津純孝氏)の図書・資料を受領。
  *佐賀エス会(鵜木敬憲氏)から図書・資料の寄贈を受ける。
  *受領した書籍は、全部で約500冊を超えるが、同じ本が多数ある。

5.国内エスペランチストとの交流。
2010-05~ 福岡エスペラント会の月例会・週例会へ機会を見つけて参加。第85回九州エスペラント大会
  準備に加わる。
2010-03 ~ 10 北九州エス会より受領したリンガフォンのSPレコードから音声抽出作業(MP3)を、庄子
  時夫氏(山形エス会)が実現。JEI 所有の該当テキストを、福本博次氏(和歌山エス会)が、音声と
  テキストの不一致点やプリント誤りなど不備な点を直して複製本と画像(PDF)を作成。MP3 と PDF 
  をもとに、橋口がホームページを作成。

6.外国人エスペランチストとの交流。
  ポケット版エス仏辞書作成[協同作業] (2005-12~2010-11 一次作成を完了し、グベグロ氏に渡す)。
2005~ トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との第80回九州エスペラント大会記念
  写真交換以後、メールによる交流が続き、ポケット版辞書『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成
  を提案。フランス語訳の協力者として水野光子氏(当時パリ在住)が 2007末に現れて、全面的な協力を得
  て作成することとなった。作成にあたって、原本著者(主編集者:故貫名義隆氏)夫人の了承を得て作業
  を開始した。
2009-10 ポケット版辞書『La Semo de Esperanto』 (神戸外大研究所国際語研究班編集)のエス仏版作成に
  当たり、柴山純一氏、小西岳氏より、『エスペラント日本語辞典』の単語解説に採用されている「線動詞」
  などの考え方を転用する許可を得る。しかしフランス語には適用できないことが水野光子氏の検討でわかり
  取り止めた。他に、語根ベースでの単語収録などについて指導を受け採り入れた。
2010-11 Gbeglo 氏にデータを渡し、トーゴ国で特有な単語を加えた後、パソコン等でプリントし試用するよう
  提案した。
  従って、この作業を一旦終了することにした。(フランス語の単語選択は、水野光子氏が一人で全て担当し
  てくれた)。また紙代として100ユーロをUEAの Gbeglo 氏の口座に寄附した。
------ 
(2009-11~2010-04) "La Fina Tago de Atomenergia Centralo" 
  前ドイツ政府の原子力発電廃止に関する公開文書を、ドイツのエスペランチストにエス訳依頼。[協同作業]。
2009-11 『原子力発電がとまる日』(日本語版)の発行者、スローライフスタイルショップ膳(Zen)から本を購入。
2009-12-14 エス訳資料を探して、ドイツの多くのデレギート(FD)へ、協力依頼のメールを発出した。数人からの
  返事があったが、エス訳は残念ながら、まだないとの情報を得た。
2009-12-29 禅(Zen)が作成した日本語訳の原本である英語版の資料は、既にネット上にないことが判明する。
  (現ドイツ政府が原子力発電推進派に変わり、ネット上から削除されたため)。
2009-12~2010-03 その後、S-ro Manfred WESTERMAVER (Veda Partio) と頻繁に情報交換し、エス訳を
  要望した。
2010-01-01 S-ro Manfred より、他の資料 "100 bonaj kauzoj kontrau la atomenergio" があり、
  現在手分けしてエス訳中との情報が入る。
2010-01-07 第84回九州エスペラント大会の記念品にはエス訳が間に合わないと判断し、一応断念した。
2010-02-10 ところが、S-ro Franz ZELLER から、ドイツ政府へ資料を請求して受領後エス訳開始し、既に大部分
  エス訳が完了した報らせ入る。S-ro Franz にも、エス訳について問い合わせていたが、繁忙のため作業開始
  できなかったもよう。
2010-02-14 S-ro Franz から、エス訳は終わったが、専門用語について検討中との情報入る。
2010-03-04 S-ro Manfred へ、S-ro Franz のエス訳校正を依頼する。同時に『原子力に対する100の論証』の
  エス訳が大分進んでいるとの情報を得る。
2010-04-14 S-ro Franz からエス訳完了の報せ届く。吉部洋平氏と相談の上、九州エス大会の資料として配布する
  ことを決定した。今回の取組み経緯の記事を追加して、大会資料として作成することを、ドイツの二人に報告
  し了承を得る。
2010-04-26 吉部洋平氏(北九州エス会)の提案で、スローライフスタイルショップ膳(Zen)より、『原子力発電が
  とまる日』を50部購入し、第84回九州大大会記念品とし、プリントしたエス語版と同時に配布した。    

7.第84回九州エスペラント大会参加(北九州:2010-05-08, 09)。
  旅行報告講演『エスペラント民泊旅行(58日間)』 (1時間)を担当。プロジェクターを使用し、パスポ
  ルタセルボで旅行した目的、日程、費用、宿泊させてくれた人たち等について報告した。(初めてのエス語
  報告)。『地方会の方たちとの話し合い「エスペラント運動のABC-入門講座・広報・例会-」』の事前
  アンケート作成・集約に協力。この討議の録音の聞き取り作業に協力。
  他に、大会ロゴ拡大パネルの作成、「Espero」と「Tagiĝo」 の歌詞をスクリーンに投影する
  仕組みを作って協力。

8.第97回日本エスペラント大会参加(長崎:2010-10-09, 10, 11)。
  長崎県下の中学校・高等学校(全97ヵ所)へ、「国際語エスペラントの体験学習」(出前授業)を提案。
  (インターネット、FAX、郵送で案内資料を発出したが、学校からの授業要請はなかった。)
  大会資料の袋詰め作業に参加。JEI 主催の「支部及び地方エス会との意見交換会」に出席。大会終了後の
  会場整理作業等に参加。

資料02

戻る




    【2011年度】

     

1.九州エスペラント活動資料のCD収録 (2004年度から引続き作業。各地方エス会の資料提供なく
  現在中断)。 九州地域の各地方エスペラント会が作成した記録(会の活動など)を、CDに収録している。
  (ただし、機関誌などは除く。)

2.エスペラント関係ホームページの作成。
2011-05 「第85回九州エスペラント大会」。
2011-00 「広島・長崎に関する出版資料リスト」(エス語翻訳、エス語創作に関する資料)。
      http://homepage2.nify.com/EsperantO/Dokumento/HiroNaga/HiroNagabazo.html
      広島エスペラント会の活動「女性デー」の情報更新。
2011-06 古い囲碁の終了図(棋譜)を HPにして、外国のエスペランチストに紹介。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/GoLudo/Gobazo.html
2011-10 「エスペラント民泊旅行(58日間)回顧録」(日本語版 + エス語版)。
2011-12 「リンガフォンSPレコード」音声とテキストの抽出データの再生簡素化。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/LFone/LFbazpagho.html
2011-12 「2011年福岡エスペラント会ザメンホフ祭」。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Kongresoj/2011festo/ZFbazo.html
2011-12 「橋渡しの言葉エスペラント」(エス語普及用ポケット版小冊子(自主制作)の複写版)に合成音声
    ナレーション付加。http://homepage2.nify.com/EsperantO/PontoLibro/PLbazo.html

3.国際語エスペラント普及活動。
2011-01~  小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を次の3ケ所に設置。福岡市国際交流センター(福岡市中心
   地天神のイムズビル8F)に毎月4-5部補充。福岡国際交流会館(博多区冷泉公園前)に時々数部補充
  (福岡エス会例会参加の都度)。春日市クローバープラザ及び筑紫野市生涯学習センターに訪問した時に
   数部ずつ補充。
2011-03~05 : 第85回九州エスぺラント大会に際して、福津市図書館へエスペラント図書10数冊を寄贈
   の申し出をす  るも、受け入れ不可。福津市国際交流係へ、エス講習について会場紹介等依頼するも、
   話が通らない。エス語を支援することは、公用語認定につながり、ひとつの言語支援となるので不可と
   の見解あり。文書で意見を提出する。

4.私設エスペラント図書館を計画(目録作成、一次終了、HPを作成)。
  (福岡県内の物故者のエスペラント図書を譲り受けて、整理・保管・貸出しをする)。
  第82回九州エス大会で各地方エス会及び大会参加者へ活動趣旨についての文書を配布した。現在手元に
  ある書物は佐賀エス会(山崎雄一氏)から過去に受領した図書。北九州エス会(榎山時次郎氏、大場格氏、
  加藤輝雄氏、白石茂生氏)の図書・資料を受領。福岡エス会(梅津純孝氏)の図書・資料を受領。
  *佐賀エス会(鵜木敬憲氏)から図書・資料の寄贈を受ける。*受領数は、全部で約1000冊だが、同じ
  本が多数ある。
  *私のHPをみた九州外の人から、「東俊文氏」(問合せ者の祖父)の蔵書を寄贈したいと連絡あり、ありが
  たくいただく。

5.国内エスペランチストとの交流。
2011-01~ 福岡エスペラント会の月例会へ機会を見つけて参加。第85回九州エスペラント大会準備に加わる。
2011-01~ 福岡市内在住のエスペランチスト升田英知氏と、度々手紙で交流。
2011-10~ HESの月例会で、歌やエス文の読み合わせなどを指導。初心者のために事前に単語を調べて渡す。
2011-01~ 鹿児島在住の山下敏裕氏に、パソコン故障など、度々指導を受ける。

6.外国人エスペランチストとの交流。
2011-03-09,10 : ポーランドからエスペランチスト(Tadeusz Adam Lezak)来福。二泊する。大雪のため福岡
   市内には行かず、大宰府の武藤たつこさん宅訪問。喫茶店でチ夕食。翌日大宰府天満宮を観光。ラーメン
   を食べる。
  2011-  : オーストリアのエスペランチストから、大きな羽釜について調査依頼あり。インターネットで調べて
   報告する。
 2011-09 ポーランドのエスペランチスト(Jerzy georgo kilijanski )来福。福岡市内観光案内。
 2012-02-14~16, 20 : カナダ在住の日本人小森芳樹氏来福、福岡国際空港へ出迎え、計4泊する。海南島で
   の一ヵ月間の充実したエスペラント語学習(Esperanto Insulo)を終了して、九州を訪問し、福岡、熊本、
   長崎のエス会と交流する。大宰府、九州国立博物館、天神イムズビルなどを福岡エス会会員と訪問。博多
   駅では、ジャパン・レールパスの交付に立ち会う。

7.第85回九州エスペラント大会参加 (福津市:2011-05-28, 29)。
  準備段階から福岡エス会会員と協力して活動する。

資料02
戻る




    【2012年度】

     

1.九州エスペラント活動資料のCD収録 (2004年度から引続き作業。各地方エス会の資料提供なく
   現在中断)。
      九州地域の各地方エスペラント会が作成した記録(会の活動など)を、CDに収録している。
   (ただし、機関誌などは除く。)

2.エスペラント関係ホームページの作成。
2012-03 「広島・長崎に関する出版資料リスト」(エス語翻訳、エス語創作に関する資料)。
      http://homepage2.nify.com/EsperantO/Dokumento/HiroNaga/HiroNagabazo.html
      広島エスペラント会の活動「女性デー」の情報更新。
2012-06 「第86回九州エスペラント大会」。
2012-09 ホームページの再構築。
   (Por Japanoj)         http://homepage2.nifty.com/EsperantO/
   (Por Esperantistoj)  http://esperanto-hs.in.cooocan.jp/
   (Dens^uus^o = EKS-Projekto)  
          http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JEduko/sougou/denshuusho.html
2012-12 「2012年福岡エスペラント会ザメンホフ祭」。
            http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Kongresoj/2012festo/ZFbazo.html


3.国際語エスペラント普及活動。
2012-05 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を次の3ケ所に設置。福岡市国際交流センター(福岡市中心地
   天神のイムズビル8F)に毎月4-5部補充。福岡国際交流会館(博多区冷泉公園前)に時々数部補充
  (福岡エス会例会参加の都度)。春日市クローバープラザ及び筑紫野市生涯学習センターに訪問した時に
   数部ずつ補充。
2012-03~05 : 第86回九州エスぺラント大会に際して、佐賀市の中高校にエスペラント出張授業「国際語エス
   ペラント体験学習」を提案(メール、FAX, 郵送)。

4.私設エスペラント図書館を計画(目録作成、一次終了、HPを作成)。
  (福岡県内の物故者のエスペラント図書を譲り受けて、整理・保管・貸出しをする)。
  第86回九州エス大会の大会付属資料してCDを参加者へ配布(全34名)。

5.国内エスペランチストとの交流。
2012-01~ 福岡エスペラント会の月例会へ機会を見つけて参加。
2012-01~ 福岡市内在住のエスペランチスト升田英知氏と、度々手紙で交流。
2012-01~ HESの月例会で、歌やエス文の読み合わせなどを指導。初心者のために事前に単語を調べて渡す。
2012-03~ 名古屋の竹崎睦子氏へCDコピーの支援(Kurso de esperanto, エスペラントってなあに, 
   ピロンの講話)。
2012-05-20 第86回九州エスペラント大会で講演「100通の手紙」(プロジェクター使用して30分間)。
2012-09  熊本の天津正剛氏と時世短歌のエス訳について意見交換。

6.外国人エスペランチストとの交流。
2012-02-14~16, 20 : カナダ在住の日本人小森芳樹氏来福、福岡国際空港へ出迎え、計4泊する。海南島での
  一ヵ月間の充実したエスペラント語学習(Esperanto Insulo)を終了して、九州を訪問し、福岡、熊本、長崎
  のエス会と交流する。大宰府、九州国立博物館、天神イムズビルなどを福岡エス会会員と訪問。博多駅では、
  ジャパン・レールパスの交付に立ち会う。
2012-03 ドイツのManfred Westermayer 氏へ、『原子力に反対する100個の十分な理由』の日本語版について、
  作成者のEWSについて問合せをする。その後黒崎美佳氏(ドイツ在住)の紹介を得て、同名の小冊子を日本で
  印刷、全国にある原子力発電所所在地のマスコミ(主に新聞社)へ贈呈し、記事にしてもらうよう依頼する。

7.第86回九州エスペラント大会参加 (佐賀市:2011-05-19, 20)。
2012-03~07 第86回九州エスペラント大会準備へ積極的に参加。
    2012年3月以降、急遽準備作業に加わり、殆ど一人で資料作り、大会報告書を作成した。開催担当地にエス
  ペランチストが少なく、実際に行動できる人がいない場合は、開催をどのようにするか、九州エスペラント
  連盟として検討すべきだ。

資料02

戻る





    【2013年度】

     

1.九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。
         九州地域の各地方エスペラント会が作成した記録(会の活動など)を、入手の都度CDに収録。
    (ただし、機関誌などは除く) 2012年度には特別の報告なし。

2.エスペラント関係ホームページ及びPDFの作成・更新。
      「広島・長崎に関する出版資料リスト」(エス語翻訳、エス語創作に関する資料)。
      http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Biblioteko/HiroNaga/HiroNagabazo.html

2012-09 「長崎平和宣言」のエス訳文HPアドレスを紹介。
2013-03 2013年版の「国際女性デー・連帯メッセージ」(広島エス会活動情報)を収録。
 
2012-05~ 「私にとってのエスペラント遺産」情報追加。(「萌える、エスペラント語っ!」ほか)	
      http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Espheredajxo.html 
 
2012-03 「WBC2013」試合結果情報。
     http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Sporto/WBC2013/wbcbazo.html

2012-05 「福岡に関する写真など」。(フランス、ボルドー市と福岡市が姉妹都市50周年記念の交流支援)
   読売新聞社の写真展を訪問し、姉妹都市交流のため写真提供を要望。その結果大判カラー写真約30枚
   を譲り受ける。ボルドー市のエスペランチスト(展示計画者)へ航空便で写真を贈呈し、展示後一般人
   の希望者へ贈呈するよう提案。その後ボルドーからの展示報告を待つも返事なし。
   http://esperanto-hs.in.coocan.jp/FotoFoto/FotoFoto.html

2012-07 「書道展」紹介。(日本文化のミニ紹介)
   福岡市内で開催されていた書道展「春光展」を訪問し、エス語による外国への紹介を説明し、写真撮影の
   許可を得た。 http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Kaligrafio/Kalibazo.html

2012-12~03 教育提案書「こんな教育できませんか」。(教育全般の提案とエスペラント語学習導入の提案)
   大阪維新の会の活動が活発になり、橋元徹市長の教育改革提案等に呼応して、独自の提案を作成し全国
   都道府県の県知事と県庁所在地の市長へ、資料『こんな教育できませんか』を贈呈した。
   http://homepage2.nifty.com/EsperantO/JPNeduko.pdf

3.国際語エスペラント普及活動。
2005~ 居住地須恵町発行の須恵町サークル案内へ「国際語エスペラント入門講座」を登録。
2001~ 福岡県NPOボランティアセンターHPへ、ボランティアグループとして「国際理解・交流、教育」部門
   に登録。
2012-05~  小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を次の3ケ所に配付用として設置。福岡市国際交流センター
  (福岡市中心地天神のイムズビル8F)に毎月4-5部補充。福岡国際交流会館(博多区冷泉公園前)に時々
   数部補充(福岡エス会月例会参加の都度)。筑紫野市生涯学習センターへ訪問時数部補充。春日市
  「クローバープラザ」へ訪問時数部補充。
2013-04 第87回九州エスペラント大会開催地(長崎市)の中学校・高等学校へ「国際語エスペラント体験学習」
   の出前授業を提案(メール・FAXで合計97校へ)、5月8日締め切り。受講希望者なし。

4.エスペラント界活性化の取り組み。
2011~ ポケット版エス日辞書「Semo de Esperanto」(貫名美隆氏著編)の再編版作成(2013年度に完了予定)。
  中学校・高等学校でのクラブ活動など短期間学習のために、パソコンから自由に出力し使用するのが目的。

5.国内エスペランチストとの交流。
2012-05~ 福岡エスペラント会の月例会へ機会を見つけて積極的に参加。ERAJ情報の紹介、エス歌の音頭とり、
  広島エス会作成の「Pli sciu pri Hirosima」会話練習帳を利用した、「観光案内を念頭に置いたエス会話」
  へ会員皆で挑戦を開始した。以前に作成途中の「太宰府市観光パンフ」のエス訳作業再開を検討中。
  指導者西田光徳氏の死去により、福岡エス会運営の次世代への引継ぎについて提案した。また機関誌発
  行担当者、会計担当者も含めて、全ての会員が役務を替わるなど、今後検討すべきだと助言した。
2013-04 小田切恵子(?)氏 のヨーロッパ旅行計画について、ポーランドの交通事情の情報を提供。その後「一人
  旅」についての小生の経験を紹介した。
2012-12~03 「Pli sciu pri Hirosima」会話練習帳(広島エスペラント会作成)のPDF版(A5)作成協力。
       http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Plipri18-B.pdf
2013-03~04 エス・中・日・韓「小会話集」作成について、Belmonto氏、平山晴記氏、升田英知氏に協力を依頼
  した。

6.外国人エスペランチストとの交流。
   ポケット版エス仏辞書作成[協同作業] (2005-12~2010-11 一次作成を完了し、グベグロ氏に渡す)。
2005~ トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との第80回九州エスペラント大会記念
   写真交換以後、メールによる交流が続き、ポケット版辞書『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成
   を提案。フランス語訳の協力者として水野光子氏(当時パリ在住)が 2007末に現れて、全面的な協力を得
   て作成することとなった。作成にあたって、原本著者(主編集者:故貫名義隆氏)夫人の了承を得て作業
   を開始した。トーゴへ資料作成費として2009年に100ユーロを寄附。
2013-02 「La semo de Esperanto」(エス語・フランス語版)をフランス及びスイス両国の教育関係エスペラン
   ティストへ、ネットで紹介し学校授業などでの利用を勧める。ミレーユ女史(スイス)ほか数名から利用
  (アフリカの仏語使用国支援など)検討する旨の返事あり。
2013-03 WBCに関して、s-ro Wiki Wikardo 氏 (Usono)からコンタクトあり。情報交換、野球エス語集作成
   協力。
2013-03~04 エス・中・日・韓「小会話集」作成について、s-ino Vigla (RHO Seung-Im; 韓国)に協力を依頼した。

7.第86回九州エスペラント大会参加 (佐賀市:2012-05-19, 20)。
  第86回九州エスペラント大会準備は2012年3月時点で進んでおらず、九州エスペラント連盟事務局の要請
  に応えて、準備段階から積極的に参加 し、大会報告書作成まで行った。文通体験報告講演『百通の手紙』
  (30分間)を担当。プロジェクターを使用し、エスペラント語誕生100年の機会に取り組んだ世界の人々
  との絵葉書交換記録を纏めたもの。

8.〔今後の大会の充実を願って再掲載〕 (第86回九州エスペラント大会報告書より)
 (大会資料及びプロトコーロ作成の大半を担当した反省と、今後の大会開催についての提言)

1.大会開催担当地方エス会で実務者が一人の場合開催すべきか再検討が必要。特に準備段階で不慮の事故など
  起きると、その後の準備ができなくなる。それまでの準備経緯が不明で、また資料の再作成も必要となる。
2.年に1回開催する大会なので、2日間をもっと有効に使用出来ないか。
  連盟委員会は、事前にメールや文書送付で討議案件の意見を集めて一定の結論を出し、短時間(例えば13-15
  時)に終了できないか。
3.分科会は大会前日の午後から開催し、学習や研究のほかに、互いの活動状況を交換する等交流の場も設定で
  きる。宿泊所が大きなホテルの場合は、各部屋を15時以降は利用できる。
4.過去のプログラムは一時間講演が主だったが、今回計画した40分(講演30分+片付けと次の講演準備10分)でも
  十分であり、むしろ緊張感が保てる。9~16時までに、最高6個のプログラムを実施できる。また、講演
  以外の種目(例えば歌や討論等)を入れて、午後の時間がダレるのを解消すべきだ。或いは午後は分科会にして
  も良いが、部屋の確保が問題として残る。
5.大会会場と宿泊所(ホテル)は同一ビルにすべきだ。貸会議室は借料が高く、事前準備の入室も出来ない。
6.九州連盟からの支援金の名目は会場使用料だと理解しているが、現在の支援金2万円では会場を一日借用でき
  ない。最低3万円は必要である。
7.近年は高画質のデジカメを参加者が持参しているので、それを使用して記念写真を作成してはどうか。バソ
  コンでプリント(約300円)し配布出来る。ただし連盟保管用は写真館で良質プリントを作る。
8.懇親会は単なる食事会になる傾向があるので改善が必要である。
9.各地方エス会は、過去一年間の活動報告(A4サイズ1枚程度)を作成し、参加者へ配布し活動交流をすべきであ
  る。また事務局長は、連盟委員会の報告だけでなく、九州地域の各地方エス会の一年間の活動状況を把握し、
  総括した資料を作成して配布すべきである。 

  この項の文責は全て橋口成幸 (エスペラント伝習所須恵)にあります。 

資料02



    【2014年度】

     

1.九州エスペラント活動資料のCD収録(2004年度から引続き作業)。
         九州地域の各地方エスペラント会が作成した記録(会の活動など)を、入手の都度CDに収録。
    (ただし、機関誌などは除く) 2013年度には特別の報告なし。

2.エスペラント関係ホームページ及びPDFの作成・更新。
      「広島・長崎に関する出版資料リスト」(エス語翻訳、エス語創作に関する資料)。
      http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Biblioteko/HiroNaga/HiroNagabazo.html

2014-09 「長崎平和宣言」のエス訳文HPアドレスを紹介。
2014-03 2014年版の「国際女性デー・連帯メッセージ」(広島エス会活動情報)を収録。
 
2014-04~ 「私にとってのエスペラント遺産」情報追加。(「Ekzercaro」ほか、ネット辞書)	
      http://homepage2.nifty.com/EsperantO/Espheredajxo.html 
 
3.国際語エスペラント普及活動。
2005~ 居住地須恵町発行の須恵町サークル案内へ「国際語エスペラント入門講座」を登録。
2001~ 福岡県NPOボランティアセンターHPへ、ボランティアグループとして「国際理解・交流、教育」部門
   に登録。
2012-05~  小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』を次の3ケ所に配付用として設置。福岡市国際交流センター
   (福岡市中心地天神のイムズビル8F)に毎月4-5部補充。福岡国際交流会館(博多区冷泉公園前)に
    時々数部補充(福岡エス会月例会参加の都度)。筑紫野市生涯学習センターへ訪問時数部補充。
2014-05 小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』の残部が100冊を下回ったので、配布や販売を中止した。

4.エスペラント界活性化の取り組み。
2011~ ポケット版エス日辞書「Semo de Esperanto」(貫名美隆氏著編)の再編版作業中断(2013年度に完了
    予定)。中学校・高等学校でのクラブ活動など短期間学習のために、パソコンから自由に出力し使用
    するのが目的。

5.国内エスペランチストとの交流。
2014-05~ 福岡エスペラント会の月例会へ機会を見つけて積極的に参加。ERAJ情報の紹介、エス歌の音頭とり、
    指導者西田光徳氏の死去により、福岡エス会運営の次世代への引継ぎについて昨年提案し、機関誌発
    行担当者、会計担当者も含めて、全ての会員が役務を替わるなど、今後検討すべきだと助言したが、
    新しい体制はまだ出来ていない。
2014-04~ エス中日韓「小会話集」作成について、Belmonto氏、平山晴記氏、升田英知氏に協力を依頼した。

6.外国人エスペランチストとの交流。
   ポケット版エス仏辞書作成[協同作業] (2005-12~2010-11 一次作成を完了し、グベグロ氏に渡す)。
2005~ トーゴ国ローメ市の学校「Instituto Zamenhof」と福岡エス会との第80回九州エスペラント大会記念
  写真交換以後、メールによる交流が続き、ポケット版辞書『La Semo de Esperanto』 のフランス語版作成
  を提案。フランス語訳の協力者として水野光子氏(当時パリ在住)が 2007末に現れて、全面的な協力を得
  て作成することとなった。作成にあたって、原本著者(主編集者:故貫名義隆氏)夫人の了承を得て作業を
  開始した。トーゴへ資料作成費として2009年に100ユーロを寄附。
2014-12 エス・中・日・韓「小会話集」(検討版)作成。
2014-04~ ドイツのエスペランティスト Manfred WESTERMAYER の仲間 Verduloj による、ドイツ語版原子力
  反対資料"100 argumentoj" のエス訳版校正に協力、PDF版を作成し公開提案をするも受け入れられず。
  Jarlibro のFD網を使用して、世界のエスペランチストへ情報提供し、自国語版に翻訳することを提案。
2014-12 2015年カレンダーを海外の10名(Pasporta Servo で宿泊させてくれた人たち)に贈呈(船便で発送)。

7.第88回九州エスペラント大会不在参加(熊本市:2014-10-   )。

8.〔今後の大会の充実を願って再掲載〕 (2012年の第86回九州エスペラント大会報告書より)
  大会資料及びプロトコーロ作成の大半を担当した反省と、今後の大会開催についての提案を昨年行ったが、
  九州エス連盟からも、各地方エス会からも、何の検討意見も出てこず、組織としての運営停滞を解決する
  意欲も手立てもまだない模様。


資料02

戻る





講座内容


 2004年度エスペラント普及講座(1時間講座)内容

日   時     【定例】毎月第1、3金曜日 19時~20時
場   所     須恵カルチャーセンター(冷暖房時期部屋使用料 350/一時間)
受講対象者     中学生・高校生・大人
受 講 料     月会費1000円(高校生以下は無料)

教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第3版改(贈呈)
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)
          発音練習絵カード(贈呈)
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)
          『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(購入)

カリキュラム    概要編   発音・学習方法・エスペラント概要
          基礎編   海外文通の手紙の解説(読み方)・絵本を読む
          入門編   「沼津エスペラント会」の通信講座(初級)の紹介
                CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)使用の学習指導
                海外文通のすすめ インターネット(NUN)利用
そ の 他     
受講者状況
 2004-06 : 中学生2名学習開始。 2004-09 : 見学者1名あり。
 2004-11 : 学校行事などのため続行不可能となり、学習を中止する。


 2005年度エスペラント普及講座(夜間講座)内容

期   間     2005年4月~7月
日   時     【定例】毎月第1、3金曜日 19時30分~21時
場   所     須恵カルチャーセンター(冷暖房時期部屋使用料 350/一時間)
受講対象者     中学生・高校生・大人
受 講 料     月会費1000円

教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第4版改(贈呈)
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)
          発音練習絵カード作成原紙(贈呈)
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)
          『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)
          ポケット版エス和辞書(La Semo de Esperanto)(受講者購入:100円)
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(受講者購入:300円)

カリキュラム    案内編(1回)発音・学習方法・パソコンでのCD学習操作・エスペラント概要
          基礎編(2回)海外文通の手紙の解説(読み方)
          入門編(3回)辞書を使用して絵本を読む
そ の 他     

 2005-04 : 全国一斉講習会行事に参加。須恵町内8箇所に講座案内のポスター掲示。



 2006年度エスペラント普及講座内容


【講座01】。

期   間     2006年4月~。
日   時     【定例】毎月第3日曜日 14時~15時30分。
場   所     福岡国際交流会館(福岡市博多区冷泉公園前)。
受講対象者     中学生以上。
受 講 料     月会費500円(中学生・高校生は受講料無料)。
教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第4版改(贈呈)。
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)。
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)。
          JEI発行『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)。
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)。
          ポケット版エス和辞書(La Semo de Esperanto)(受講者購入:100円)。
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(受講者購入:300円)。

カリキュラム    案内編(1回)発音・学習方法・パソコンでのCD学習操作・エスペラント概要。
          基礎編(2回)海外文通の手紙の解説(読み方)。
          入門編(3回)辞書を使用して絵本を読む。
そ の 他     

 2006-04 : 全国一斉講習会行事に参加。

-------------------------------------------------------------------------

【講座02】。

期   間     2006年4月~。
日   時     【随時】2時間/1回。
場   所     筑紫野市生涯学習センター(受講者5名以上で会場使用可能)。
受講対象者     中学生以上。
受 講 料     入会金2000円。月会費1000円(中学生・高校生は受講料無料)。
教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第4版改(贈呈)。
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)。
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)。
          JEI発行『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)。
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)。
          ポケット版エス和辞書(La Semo de Esperanto)(受講者購入:100円)。
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(受講者購入:300円)。

カリキュラム    案内編(1回)発音・学習方法・パソコンでのCD学習操作・エスペラント概要。
          基礎編(2回)海外文通の手紙の解説(読み方)。
          入門編(3回)辞書を使用して絵本を読む。
そ の 他     
          2006-04 : 全国一斉講習会行事に参加。

-------------------------------------------------------------------------

【講座03】。

期   間     2006年4月~。
日   時     【随時】2時間/1回。
場   所     クローバープラザ(春日市)。
受講対象者     中学生以上。
受 講 料     入会金2000円。月会費1000円(中学生・高校生は受講料無料)。
教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第4版改(贈呈)。
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)。
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)。
          JEI発行『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)。
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)。
          ポケット版エス和辞書(La Semo de Esperanto)(受講者購入:100円)。
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(受講者購入:300円)。

カリキュラム    案内編(1回)発音・学習方法・パソコンでのCD学習操作・エスペラント概要。
          基礎編(2回)海外文通の手紙の解説(読み方)。
          入門編(3回)辞書を使用して絵本を読む。
そ の 他     
          2006-04 : 全国一斉講習会行事に参加。

-------------------------------------------------------------------------

【講座04】。

期   間     2006年4月~。
日   時     【随時】2時間/1回。
場   所     須恵カルチャーセンター(須恵町)。
受講対象者     中学生以上。
受 講 料     入会金2000円。月会費1000円(中学生・高校生は受講料無料)。
教   材     普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』第4版改(贈呈)。
          解説・上記小冊子の解説テープ(贈呈)。
          CD-R(kurso3, ESPTAP, ESDEN ktp.)(贈呈)。
          JEI発行『国際語エスペラントへの招待』(贈呈)。
          ビデオテープ「知ればなるほどエスペラント(1)(2)」(貸出)。
          ポケット版エス和辞書(La Semo de Esperanto)(受講者購入:100円)。
          文通例文集『はじめてのエスペラント文通』(受講者購入:300円)。

カリキュラム    案内編(1回)発音・学習方法・パソコンでのCD学習操作・エスペラント概要。
          基礎編(2回)海外文通の手紙の解説(読み方)。
          入門編(3回)辞書を使用して絵本を読む。
そ の 他     
          2006-04 : 全国一斉講習会行事に参加。

-------------------------------------------------------------------------






講演内容

エスペラント語について、数名の問い合わせ者はあったが、受講者は現れず講座は実施していない。 

2007年(長崎市)、2008年(熊本市)、2009年(宮崎市)、2011年(福津市)、2012(佐賀市)での
九州エスペラント大会開催時に、開催地市内の中学校及び高等学校に対して、「出前講座」の提案を行ったが、学校から
の申し出はなかった。詳細については「国際語エスペラント体験学習」を参照。
戻る

再び案内画面へ





 
2008-12-04 : 管理者:
エスペラント伝習所須恵