国際語(共通語・民際語・世界語)エスペラント体験学習(無料出前授業)

<第87回九州エスペラント大会開催地中学校高等学校への提案>


〔全画面表示〕に拡大してご覧ください。


「国際語エスペラント体験学習」の出前授業案内(無料)



 第87回九州エスペラント大会が、来る5月11日(土)~12日(日)、長崎の
「長崎カトリックセンター」で開催されます。 この機会に多くの学生の皆さんへ
「国際語エスペラントの体験学習」を提供するため中学校高等学校へご案内
しています。

 国際語エスペラントは実際に存在し、国際理解や国際交流に有効に活用
されています。

 長崎の2012年平和宣言もエスペラント語に訳され、世界の人々に公開され
原爆・被爆・戦争に関する出版物もエスペラント語に多数翻訳されています。

 2001~2002年に、福岡県東部地区の8中学校で約2300名の生徒たちへ
校外講師として「国際語エスペラント紹介授業」を行ないました経験をもとに
説明いたします。

なお予期せぬ事情で、この出前授業を実施できない場合がありますことを、
事前にお知らせしておきます。

                                2013年 3月 15日 
                     エスペラント伝習所須恵代表 橋口成幸

        2013-03-11 : 記述
                         エスペラント伝習所須恵






   資料01   1. 発送文書
   資料02   2. その他の情報
   資料03   3. 文書発送先一覧表
   資料04   4. 体験学習資料
   資料05   5. 贈呈資料
   資料06   6. 講師担当者情報
   資料07   7. 実施報告



資料01  発 送 文 書 



 長崎県教育委員会   様 
 長崎市教育委員会   様 
 長崎市内各中学校   様 
 長崎市内高等学校   様 
                                  2013年 4月 24日 
                                    エスペラント伝習所須恵
                                      代 表 橋口成幸

「国際語エスペラント体験学習」のご案内(無料)

  国際語(共通語・民際語・世界語)エスペラントが日本に上陸してから2012年には125周年  を迎え、2013年10月には第100回日本エスペラント大会(日本エスペラント協会主催)が開  催され、2013年5月11日には、長崎市の「長崎カトリックセンター」で、第87回九州エスペ  ラント大会が開催されることになりました。この機会に開催地の市民、そして若い世代(特に中学生・  高校生)の皆様さんへ国際語エスペラントを体験していただきたく、下記要領で「出前授業」のご案  内をいたします。                          記 1.申し込み方法 ・・・ 学校単位でお申し込みください。   ※申込みを受付けた後、詳細な説明と打合せを行います。 (1) 申込み先  : 〔Eメール・FAXで〕エスペラント伝習所須恵まで(後部参照) (2) 申込み事項 : (1) 学校名 (2) 学年別に受講者数 ・・・ 最高30名          (4) 窓口担当者名(教師) (5)連絡先(電話,FAX,Eメール)  (3) 申込み期限 : 2013年 5月 8日(水)必着。 (4) 受講料   : 無料。 (5) テキスト : 参考資料や独習用CDなどを当日配布します(無料)。 (6) 授業日時  :  5月11日(土)、10時~12時,13時~16時の間の2時間。           (2時限の授業で十分生徒の理解が得られます)。 (7) 会場   : 受講申し込みの学校(教室を使用させてください)。 (8) 受講に関する質問などは、FAX・Eメールで、直接当方へお知らせください。 2.体験学習の内容。 (1) 簡単なエスペラント単語の発音練習  (2) 自分の名前をエスペラント語で書く   (3) 英語とエスペラント語の比較  (4) 外国からの手紙を見る  (5) その他 3.この企画・実施・指導は、全て「エスペラント伝習所須恵」が行ないます。   期限までに、申し込みがない場合は、この授業は実施いたしません。   なお、当方の予期せぬ事情で、この行事を実施できない場合がありますことを、予めご了承   ください。その場合は事前にお報せいたします。   この講座、文書および寄せられた質問などについては、他の学校への周知のために、当方   作成のホームページで公開します。   http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Taiken.html 4.「エスペラント伝習所須恵」は、福岡NPO・ボランティアセンター、福岡県春日市、福岡   県筑紫野市、福岡県糟屋郡須恵町のボランティア機関へ登録している団体です。普及講座実   施や、「国際語エスペラント授業」の導入を中学校・高等学校へ提案し、外国人エスペラン   チストの宿泊、観光案なども行っています。                                  エスペラント伝習所須恵                 (811-2114) 福岡県粕屋郡須恵町上須恵684 橋口成幸方

戻る


資料02  その他の情報 



1.今回の「国際語エスペラント体験学習」。 
  http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Taiken.html 

2.「長崎の平和宣言(2012年)」。
  http://www.vastalto.com/blog/?p=1796

3.「広島・長崎に関する出版物の一覧表」。
  http://esperanto-hs.in.coocan.jp/Biblioteko/HiroNaga/HiroNagabazo.html 

4.〔小冊子〕 「橋渡しの言葉エスペラント」(初心者用学習書)。 
  http://esperanto-hs.in.coocan.jp/PontoLibro/PLbazo.html 

5.〔ブログ〕 「エスペラント民泊旅行回顧録(58日間)」。
  http://d.hatena.ne.jp/esphashi/ 

6.「国際語エスペラント通信講座」。 
  http://www2.tokai.or.jp/esperanto/  

7.「一般財団法人日本エスペラント協会」。 
  http://www.jei.or.jp/ 
 
戻る


資料03  文書発送先一覧表 


体験学習案内資料等を下記の学校等へ送りました。

-------------------------------------------------------------------
 合計 94 通 (Fax 54、 メール 40、 郵送 0)。

【中学校 49】 長崎市立中学校(42)、私立中学校(7)。   

【高等学校 20】 長崎県立高校(9)、私立高校(11)。

【その他 25】  長崎県内教育委員会等(21+4)。
         
 

戻る


資料04  体 験 学 習 資 料 


 体 験 学 習 資 料 

 

【エスペラント体験学習資料】 2010-10-09~11 使用           エスペラント伝習所須恵作成 【国際語エスペラント紹介授業資料】 2001春~2002年春使用       

エスペラント語について 〔国際語=Internacia Lingvo〕

1.自己紹介    こんにちは。親愛なる生徒の皆さん。私の名前は橋口成幸です。    今日私はとても喜んでいます。なぜなら、皆さんに国際語を紹介することが出来るからです。    さあ、エスペラント語の学習を始めましょう。 2.国際語(エスペラント語)の誕生と歴史  ・ 19世紀末頃までに200以上の国際語が提案されましたが、提案者さえ上手に使えない言葉もありました。    (アルファベット文字を機械的に組み合わせた言葉、都合が悪くなると提案者が勝手に文法を変更)  ・ 提案された国際語のほとんどは、全く使用されなかったり、使用されても数年で消え去りました。    (そのころロシアに占領されていたポーランドで生まれた眼科医ザメンホフ博士は、人々の争いや差別の 原因が言葉の違いによるものだと気付き、それをなくそうと工夫を重ね、人類の友好と平和と平等を願って ついに1887年にエスペラント(希望する人という意味)語を発表しました。 ●・ 当時使用されている言葉の中から、皆にわかりやすい単語を抜き出して採用しました。    ( 八百屋・魚屋・くだもの屋 ⇒ みんな店の最後は「屋」 )  ・ 簡単な文法(品詞語尾は一定、動詞活用は一定、特定の疑問詞を使用して疑問文は簡単に作成など)    (・一字一音の発音 ・どの単語のアクセントも後ろから2番目の母音(音節) ・簡単な造語法(単語つくり))    ( 発表後100年過ぎても文法は変更されていません。) 旧約聖書  ・ 人工語で感情表現も出来ることを証明するために、『ハムレット』や『旧約聖書』をエス訳しました。  ・ エスペラント語だけが125年も全世界で現在使用されています(推定100~300万人)。  ・ UN(国連)やEU(ヨーロッパ連合)では翻訳や資料作成のため多くの費用が必要で、共通語の必要性を 理解していますが、残念ながら採用はまだされていません。しかしエス語は有力候補です。 3.国際語の条件  ・ ある国の言葉を国際語にすると、その言葉を使わない国の人たちは、多くの学習が必要で不利です。    国際語は、どの国の人にとっても負担が同じでなければなりません。         【対等な関係】  ・ 高学歴(例えば大学卒)者でなければ理解できない言葉では、大多数の一般人は習得することが困難です。    国際語は、誰もが学習できる易しい言葉でなければなりません。            【学習が容易】    ( ・簡単で規則的な文法 ・はっきりした発音 ・分かりやすい文章 )  ・ それぞれの国の国語も大切で、それがなくなると、その国の文化は伝えられずに滅びてしまいます。    国際語は、それぞれの国の言葉や文化に害を与えるものではいけません。     【文化の尊重】 ●・ 言葉が通じること ⇒ 相手の意見を正しく聞き、自分の意見をはっきり伝える。    お互いの立場を理解する。 ⇒ お互いに信頼が生まれる。 ⇒ 視野(物の考え方)がひろがる。 4.エスペラント体験談  ・ 読書(世界の情報・世界の名作)・・・ 月刊誌・翻訳(俳句・短歌・小説など)・創作・推理小説。  ・ 旅行(世界の街を散歩)・・・・・・・・・・ 市民の実生活を体験(チェコ 語のメニューがないプラハのレストラン )。  ・ 文通(絵葉書集め)・・・・・・・・・・・・・ 広告から1年間に24ヵ国112人の絵ハガキを受け取る。 5.アルファベットの音読練習 (小冊子のP02)<アルファベット表> 6.自分の名前を書く (小冊子のP03)<五十音表> 7.挨拶の練習 (二つ追加:Bonan tagon. Ne dankinde.)  〔エス語〕 ・ Saluton!   ・ Koran dankon.   ・ Ĝis revido.  〔発 音〕   サ るー ト ン       コーラ ン   ダ ン コ ン      ジ ス  レ ヴィード  〔和 訳〕   こんにちは         ありがとう             さようなら(また会うときまで) 8.エス語英語バトル (生徒参加によるエスペラント語と英語の比較) 例文 : 彼女はパンを持っています。                                       9.簡単な歌(誕生日の歌)  Gratulon a l vi, gra tulon a l vi ,  グラ トゥーろ ン  ア る  ヴィ   グラ トゥーろ ン アる  ヴィ  Feliĉan nasktagon mi deziras a l vi.  フェ りーチャ ン ナ ス ク ター ゴ ン ミ  デ ズィーラ ス  ア る  ヴィ gratul:祝福する al:…へ vi:あなた feliĉ:幸福な nask:生まれる tag:日 dezir:願う -------------------------------------------------------------------------------- 10.エスぺラント語の本  エスペラント語に翻訳されたり、エスペラント語で書かれた「原爆・被爆・戦争」などに関する本は沢山  あり、世界中で読まれています。 ピカドン: [原]丸木イリ、赤松俊子 [訳]中平孔三 [校]栗栖継 [刷]1950     「[刷]1951(2200ekz.) 戦場の子供たち (ヒロシマの子供たちは呼びかける): [編]長田新 [訳]関西エスペラント連盟  原爆の絵: [原]丸木イリ+トシ [訳]京都大学エスペラントグループ [刷]1952 だまってはいられない: [原]塩月正男、草野信夫、山本杉 [訳]藤島暢、小林司、梶弘和、平野和子、新井直 [刷] 妻の屍を抱いて: [原]小倉豊文 [訳]田中貞美 [校]大島義男 [刷]1954  死の灰: [原]第41回日本エスペラント大会反原爆決議実行委員会 [再刷]1955  原爆のいけにえ: [原]『原爆のいけにえ』出版会 [訳]由比忠之進 [刷]1968  雲になってきえた -ナガサキの原爆読本-: [編]長崎県原爆被爆教師の会、平和教育資料編集委員会、坂口便     [訳・出]九州エスペラント連盟 [刷]1973  広島・長崎 原爆写真資料集: [編・出]広島・長崎出版委員会 [訳]広島・長崎エスペランスチト会 [刷]1979   [メモ]1945年の原子爆弾の二度の攻撃に関する報告や詩による写真と絵画、日本の市民運動により出版。国際語で過去に  出版された最も素晴らしい書籍、エスペラント語でこれまでに現れた最も尊敬すべき、そして恐ろしい著作。 原始雲の下に生きて: [原]永井隆 [訳]北尾寅雄 [刷]1979 平和記憶のためのエスペラント語解説カセットテープ(エスペラント語文付スライド): [原]平和記念館   [訳・出]中国四国エスペラント連合 [刷]1980 広島のピカ: [原]丸木トシ [訳・出]成田淑子 [刷]1982  はだしのゲン: [原]中沢啓二 [訳]泉幸男 [出]ロンド・ゲン [刷] (1982)/(1985年再版)   [メモ]中沢啓二「はだしのゲン」第1巻。ヒロシマに落ちた原子爆弾の爆発を初めて経験した中岡一家についての  絵物語(マンガ)。日本での反戦・反核本の最も有名な一冊。 被爆者: [原]日本被団協 (日本原水爆被害者団体協議会) [訳]栗田公明 [校]小西岳 [刷]1983   [メモ1]三言語出版 (エスペラント語、英語、イタリア語)、原子爆弾攻撃効果についての豊富なイラスト入り小冊子。  [メモ2]第94回世界エスペラント大会時に、エスペラント伝習所須恵が複写版を作成し配布した。 [刷] 2009 (500部) 広島の子: [原]被爆した子供たち [訳]田中貞美 [刷]1983   [メモ]四つの歴史。山口勇子「おこりじぞう」、深川宗俊「小さい骨」(詩)、いぬいとみこ「川とノリオ」、今西祐行  「あるハンノキの話」 (ヒロシマをテーマにした児童文学と詩)。 水をください: [原][1972]被爆者体験を知らせる会 [訳・出]福岡エスペラント会 [刷]1984    「[刷]1985 私が見た広島 (エスペラント文付): [原]広島アピール委員会 [訳]広島エスペラントセンター [校]栗田公明   この子たちの夏 - 広島・長崎: [編]木村浩一 [訳]広瀬香美、土居智恵子 [刷]1990  広島への旅 ([第4版] 広島での旅): [原・出]広島エスペラントセンター [刷]2007  [メモ]最初に原子爆弾がさく裂した街についての平和祈願の案内書。広島の原爆資料館や記念碑などを巡るガイドブック。 広島はつぶやく: [訳]田中貞美 [出]? [刷]1990 [価]400  [メモ]今西祐行「広島の歌」、小倉豊文「ピカドン」、大野允子「夜のくすのき」「カッパは死んだ」「つるのとぶ日」、  山口勇子「洋子の旗」(ヒロシマをテーマにした児童文学)。 忘れられぬ日: [編]亀沢美由紀 [訳・出]「忘れられぬ日」を知らせる会(愛知県) [刷]1993 母の背中: [原]梶杏子 [訳]田ヶ原清 [刷]2005   -------- <きりとって提出してください> -------- <きりとって提出してください> -------------  国際語学習感想アンケート 中・高  学年(氏名:省略可)           2013年 月   日 --------------------------------------------------------------------------------  該当の番号を○で囲んでください。 ・国際語について理解できましたか       1.理解した 2.大体わかった 3.よく分からなかった ・エスペラント語は簡単だと思いますか     1.非常に簡単だ 2.簡単だ 3.普通だ 4.難しい ・エスペラント語は面白そうだと思いますか   1.面白そうだ 2.そうでもない 3.面白くない ・エスペラント語をもっと知りたいですか    1.学習してみたい 2.話を聞きたい 3.そうでもない ・外国に興味がありますか           1.非常にある 2.ある 3.ない 4.まだわからない ・ひとりで外国に行ってみたいと思いますか   1.思う 2.思わない 3.まだわからない
 

戻る


資料05  贈 呈 資 料 


贈 呈 資 料 (予定)


1.『ホントの国際語ってなんだろう?』・・・・・・・・・・・・・・・日本エスペラント協会作成チラシ。
2.『エスペラント語学習CD』(Kurso de Esperanto : Windows98 以降のパソコンで使用可能)
・・・・・・・・・・・・・・・・・ クルソ・デ・エスペラント邦訳グループ作成。
3.『橋渡しの言葉エスペラント』(第4版改訂)・・・・・・・・・・エスペラント伝習所須恵発行。
4.〔新聞報道1〕「中学校でエスペラント語授業」・・・・・・・・西日本新聞(2006-02-15)。
5.〔新聞報道2〕「差別や争いなくす第一歩」・・・・・・・・・・・読売新聞(2006-06-09)。

戻る


資料06  講師担当者情報  

講師(橋口成幸)の活動略歴

 エスペラント語使用歴35年。中学校の校外講師としてエスペラント語紹介授業を担当 (2001,2002年延2300名)。エスペラント普及用小冊子『橋渡しの言葉エスペラント』 10,000部発行。世界エスペラント大会へ参加(北京、ソウル、プラハ、横浜、ビアリス トック)。2009年夏(06-24~08-20)ヨーロッパ10ヵ国21都市の18名のエスペラント語を 話す仲間の家を訪問。全て一人で準備し、鉄道延べ約8800Kmの旅をした。インターネット を利用し、エスペラント語で日本文化を外国人に紹介(陶器、山笠、どんたく、俳句、囲碁など)。

戻る


資料07  実施報告  


 

戻る





この画面の最初に戻る




 
2013-04-24 : 管理者:
エスペラント伝習所須恵